メニュー

映画
スプートニク

スプートニク
現在、放送予定はありません。

地球に帰還した宇宙飛行士の体内には、未知の生命体が寄生していた。医師のヒロインは、やがて生命体が人間を捕食していると知る。ロシア版「エイリアン」的SFスリラー。

ロシア映画ながら、全米興行収入チャートでトップ10に食い込むスマッシュヒットを記録したSFスリラー。宇宙で謎の生命体に寄生されてしまった宇宙飛行士と、彼の調査に加わった女性医師を軸にして、生命体の恐怖、そして政府の陰謀が描かれる。人間に寄生する宇宙生命体と言えば、体を食い破って出てくるか、宿主に成り済ますかというパターンが多いが、本作では、夜になると外に出て餌を求め、また宿主の体に戻るという共生関係的なスタイル。斬新なクリーチャーの造形と、緩急を使い分けた恐怖演出に注目だ。

My番組登録者数
  • 0
スプートニク

地球に帰還した宇宙飛行士の体内には、未知の生命体が寄生していた。医師のヒロインは、やがて生命体が人間を捕食していると知る。ロシア版「エイリアン」的SFスリラー。

女性医師タチアナは、行き過ぎた治療で医師免許を剥奪される瀬戸際にあった。そんな時、彼女は軍関係者から極秘の依頼を受ける。それは、先ごろ宇宙船が謎の事故を起こしながらも、ひとりだけ生還した宇宙飛行士コンスタンティンに関わる調査だった。国家の英雄のはずの彼は、なぜか秘密施設に厳重に隔離されていた。やがてタチアナは、コンスタンティンの体内に寄生し、夜になると外へとはい出す奇怪な生命体の存在を知ることに。

作品データ

  • 原題/Sputnik
  • 制作年/2020
  • 制作国/ロシア
  • 内容時間(字幕版)/114分
  • ジャンル/アクション/冒険・SF/ファンタジー

出演

役名 役者名
タチアナ オクサナ・アキンシナ
コンスタンティン ピョートル・フョードロフ
セミラドフ大佐 フョードル・ボンダルチュク
ヤン・リーゲル研究局長 アントン・ヴァシレフ
アレクセイ(リョーシャ) ヴィタリヤ・コルニェンコ

スタッフ

  • 監督
    イゴール・アブラメンコ
  • 製作
    ヴャチェスラフ・ムルゴフ
  • 製作
    アレクサンデル・アンドリュシュチェンコほか
  • 脚本
    オレグ・マロヴィチュコ
  • 脚本
    アンドレイ・ゾロタレフ
  • 撮影
    マキシム・ジュコフ
  • 音楽
    オレグ・カルパチェフ

関連特集

特集:映画が描く宇宙の生物

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ネタバレ寄生のバラエティー

    • ★★★★☆
    • 大谷門堂
    • 2022/01/15 17:39

    このレビューはネタばれのため本文を表示していません。 本文を見る

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

特集:映画が描く宇宙の生物

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの