映画
アーニャは、きっと来る

アーニャは、きっと来る

1/11(火)午後5:15

1/27(木)午前4:45

果たして羊飼いの少年は、ユダヤ人の子どもたちを救うことができるのか? ナチス占領下の南フランスを舞台に繰り広げられる決死の脱出計画の行く末を描いた奇跡の感動作。

イギリスの児童文学作家で、スティーヴン・スピルバーグ監督の手で映画化された「戦火の馬」の作者としても知られるM・モーパーゴの同名小説を、豪華多彩なキャストの共演で映画化。人気海外ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」で一躍注目を浴びた新星N・シュナップが、ユダヤ人の子どもたちの脱出計画に手を貸す純真な少年主人公に抜擢され、清々しい好演を披露。「レオン」のJ・レノ&「女と男の名誉」のA・ヒューストンというベテランの名優2人が、いぶし銀の個性と存在感を放つのも見もの。

My番組登録者数
  • 166
アーニャは、きっと来る

果たして羊飼いの少年は、ユダヤ人の子どもたちを救うことができるのか? ナチス占領下の南フランスを舞台に繰り広げられる決死の脱出計画の行く末を描いた奇跡の感動作。

1942年。ナチス占領下のフランス南部、ピレネー山脈の麓の村に住む、13歳の羊飼いの少年ジョー。ある日彼は、森の中でベンジャミンと出会う。ベンジャミンは、ユダヤ人の子どもたちをナチスの魔の手から救って、彼らを安全なスペインへと逃がすべく、ひそかに逃亡計画を練っていた。それを知って、ジョーもその計画を手伝うことになる一方で、村へやって来たナチスの伍長との間にも、不思議な友情を結ぶようになる。

作品データ

  • 原題/Waiting for Anya
  • 制作年/2019
  • 制作国/イギリス/ベルギー
  • 内容時間(字幕版)/109分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ジョー ノア・シュナップ
ナチス伍長 トーマス・クレッチマン
アンリ(ジョーの祖父) ジャン・レノ
オルカーダ アンジェリカ・ヒューストン
ジョーの母親 エルザ・ジルベルスタイン
ベンジャミン フレデリック・シュミット

スタッフ

  • 監督
    ベン・クックソン
  • 製作
    フィン・グリン
  • 製作
    アラン・レイサム
  • 脚本
    ベン・クックソン
  • 脚本
    トビー・トーレス
  • 撮影
    ジェリー・ヴァスベンター
  • 音楽
    ジェームズ・シーモア・ブレット

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの