映画
ANNA/アナ

ANNA/アナ

8/1(日)午前6:30

人気監督L・ベッソンが、新たな“戦うヒロイン”の激闘を描いたスパイアクション。美しくタフなヒロイン、アナ役はモデル出身の美女S・ルス。後半の意外な展開も見もの。

「ニキータ」「レオン」「ジャンヌ・ダルク」など、“戦うヒロイン”が好きなベッソン監督らしい、女性スパイが主人公のサスペンスアクション。前半が「ニキータ」とやや似ているとはいえ、後半に意外な展開が待ち受けるのは大きな見もの。主人公アナ役はロシア出身のモデルでベッソン監督の「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」で俳優デビューしたルス。178センチメートルという身長でアクションを盛り上げる。「ワイルド・スピード」シリーズのオーウェン役のL・エヴァンス、名女優H・ミレンなど共演陣も充実。

My番組登録者数
  • 232
ANNA/アナ

人気監督L・ベッソンが、新たな“戦うヒロイン”の激闘を描いたスパイアクション。美しくタフなヒロイン、アナ役はモデル出身の美女S・ルス。後半の意外な展開も見もの。

1990年、モスクワ。女子大生アナはスカウトされてパリでモデルになるが、暗殺者という裏の顔があった。3年前、恋人と荒んだ暮らしをしていたアナは心機一転しようとソ連海軍に志願したが、そこでKGBのアレクセイに目を付けられ、工作員になる道へ。1年の訓練を経て、アナは女性の上官オルガのもとで暗殺などの困難なミッションに挑む工作員になった。そして現在、アナはモデルの仕事と暗殺者の任務の両方をこなすが……。

作品データ

  • 原題/Anna
  • 制作年/2019
  • 制作国/フランス/アメリカ
  • 内容時間(吹替版)/119分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
アナ サッシャ・ルス 志田有彩
アレクセイ・チェンコフ ルーク・エヴァンス 藤真秀
オルガ ヘレン・ミレン 磯辺万沙子
レナード・ミラー キリアン・マーフィ 津田健次郎

スタッフ

  • 監督
    リュック・ベッソン
  • 製作
    リュック・ベッソン
  • 製作
    マーク・シュミューガー
  • 脚本
    リュック・ベッソン
  • 撮影
    ティエリー・アルボガスト
  • 音楽
    エリック・セラ

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 悪意無し

    • ★★★☆☆
    • newmorning
    • 2021/05/31 19:07

    「二キータ」から30年近くたって、再び同じフィールドに帰ってきたベッソン・・・いや?・・・ジャンヌ、マチルダ、ルーシー、アデル・・・いつものベッソンか。ま、戦う 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの