ステージ
藤原竜也主演「てにあまる」柄本明 演出・出演 脚本 松井周

藤原竜也主演「てにあまる」柄本明 演出・出演
現在、放送予定はありません。

藤原竜也と柄本明が舞台の上で火花を散らす!藤原竜也主演、柄本明演出・出演、松井周書き下ろし脚本で話題沸騰のスリリングなステージを東京芸術劇場から生中継!

演劇界においても、映画、テレビドラマ界においても唯一無二の存在感を放ち続けている怪優、柄本明。その柄本と2015年の舞台「とりあえず、お父さん」で共演し、一筋縄ではいかない柄本との芝居に強く刺激を受けたという藤原竜也。そんな2人が共演する「てにあまる」を生中継することが決定。
本作はある家族を描きながら、人間という動物のあらがえない欲望を見つめるサスペンスドラマ。脚本は、2011年に岸田國士戯曲賞を受賞し、主宰する個人ユニット、サンプルで活動する劇作家、松井周による書き下ろし。柄本も大きな信頼を寄せる松井独自の視点で、“どのような人間関係も、それぞれがオリジナルでしかない”という真理をあぶり出す。自身の劇団で数多くの作品の演出を手掛けている柄本が演出を担い、出演者としても、その才能を認めた藤原と親子を演じ、心理的戦いを繰り広げる。そして、俳優として成長を続ける高杉真宙、本作が舞台初出演となる佐久間由衣と、若手実力派キャストも顔をそろえる。確かな演技力を持つ4人の役者が織り成す、濃密な会話劇に期待してほしい。

My番組登録者数
  • 0
藤原竜也主演「てにあまる」柄本明 演出・出演

藤原竜也と柄本明が舞台の上で火花を散らす!藤原竜也主演、柄本明演出・出演、松井周書き下ろし脚本で話題沸騰のスリリングなステージを東京芸術劇場から生中継!

ひとりで暮らす老人(柄本明)の家に、男(藤原竜也)がやって来る。老人は戸惑うが、その男は老人を家に連れて帰り、2人の奇妙な同居生活が始まる。
男はベンチャー企業の経営者であり、部下(高杉真宙)が彼を支えていた。男の家を訪れ、見知らぬ老人がいるのに驚く部下に対し、男は老人を「家政夫だ」と紹介。部下は男に対して盲目的な憧れと恐れがあり、素直に信用した。
ある日、部下は男の別居中の妻(佐久間由衣)を連れてくる。妻は男と離婚をしたがっており、その話し合いのためだった。家政夫の老人に対してけげんな目を向ける妻に、老人は不敵な笑みを浮かべる。一方、男は妻と部下の関係を疑い、壊れていく。

収録日・収録場所

  • 2021年1月5日/東京 東京芸術劇場 プレイハウス

出演

  • 藤原竜也
  • 高杉真宙
  • 佐久間由衣
  • 柄本明

スタッフ

  • 脚本
    松井周
  • 演出
    柄本明
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの