映画
ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

10/26(火)午前8:45

気鋭の映画会社、A24とプランBが強力なタッグを組み、第37回サンダンス映画祭で監督賞と審査員特別賞をW受賞。サンフランシスコの街への愛情あふれる話題の秀作。

A24と、あのブラッド・ピットが主宰するプランB。近年、数多くの注目の話題作を世に送り出している2つの気鋭の映画会社が、第89回アカデミー作品賞に輝いた「ムーンライト」以来、久々に強力なタッグを結成。主人公を実名で演じたJ・フェイルズが、自らの生まれ育った街サンフランシスコで実際に体験した出来事をもとに、それを彼の幼なじみのJ・タルボット監督が、急速に変わり行く街への愛情と哀惜を込めながら印象深く映画化。第37回サンダンス映画祭で2冠を受賞するなど、またもや高い評価を得た。

My番組登録者数
  • 217
ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

気鋭の映画会社、A24とプランBが強力なタッグを組み、第37回サンダンス映画祭で監督賞と審査員特別賞をW受賞。サンフランシスコの街への愛情あふれる話題の秀作。

サンフランシスコで生まれ育った黒人青年のジミー。第2次世界大戦後、彼の祖父が建て、かつてジミーが家族と暮らした思い出深い屋敷の一帯は、今では富裕層が暮らす高級住宅地に変貌。その後人手に渡り、街の観光名所の一つにもなっていたヴィクトリアン様式の美しいその生家を、ジミーは今なおこよなく愛していた。ある日、現在の家主がその家を売りに出すことを知ったジミーは、家に家具を運び入れ、不法占拠を試みるのだが…。

作品データ

  • 原題/The Last Black Man in San Francisco
  • 制作年/2019
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/121分
  • ジャンル/ドラマ

出演

役名 役者名
ジミー ジミー・フェイルズ
モント ジョナサン・メジャース
ワンダ ティチーナ・アーノルド
ジミーの祖父アレン ダニー・グローヴァー
ボビー マイク・エップス

スタッフ

  • 監督
    ジョー・タルボット
  • 製作総指揮
    ブラッド・ピットほか
  • 製作
    カリア・ニール
  • 製作
    ジョー・タルボット
  • 製作
    デデ・ガードナーほか
  • 原案
    ジミー・フェイルズ
  • 原案
    ジョー・タルボット
  • 脚本
    ジョー・タルボット
  • 脚本
    ロブ・リヒャート
  • 撮影
    アダム・ニューポート=ベラ
  • 音楽
    エミール・モッセリ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの