メニュー

映画
ザ・ゴールドフィンチ

ザ・ゴールドフィンチ
現在、放送予定はありません。

思いも寄らぬ爆破テロ事件で母を亡くした13歳の少年がその後たどる数奇な運命を、「ベイビー・ドライバー」のA・エルゴートの主演で波瀾万丈に描いたサスペンスドラマ。

13歳のとき、NYの美術館で思いも寄らぬ爆破テロ事件に巻き込まれ、最愛の母を失くしてしまった主人公のテオ。そんな彼を待ち受ける苦難の数々と、数奇な運命の末に彼がたどり着く意外な結末とは? 栄えあるピュリツァー賞にも輝いたアメリカの女性作家D・タートの同名ベストセラー小説を、「ブルックリン」のJ・クローリー監督が映画化。少年時代のテオを「ワンダーストラック」のO・フェグリー、青年時代のテオをエルゴートがそれぞれ好演するほか、N・キッドマン、J・ライトら、共演陣も豪華多彩。

My番組登録者数
  • 0
ザ・ゴールドフィンチ

思いも寄らぬ爆破テロ事件で母を亡くした13歳の少年がその後たどる数奇な運命を、「ベイビー・ドライバー」のA・エルゴートの主演で波瀾万丈に描いたサスペンスドラマ。

NYの美術館で絵画を観賞中、思いも寄らぬ爆破テロ事件に巻き込まれ、最愛の母を失ってしまった13歳の少年テオ。その後彼は、裕福なバーバー一家のもとに引き取られて新生活を始める一方、爆破テロ事件の際、間近に居合わせた老紳士から託された指輪を届けに行って、骨董商のホービーと知り合う。長らく行方不明だった父親のラリーが不意に姿を見せたことから、テオは、彼やその恋人とともにラスベガスへと移り住むこととなる。

作品データ

  • 原題/The Goldfinch
  • 制作年/2019
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/150分
  • ジャンル/サスペンス/ミステリー

出演

役名 役者名
テオドア・“テオ”・デッカー アンセル・エルゴート
若き日のテオ オークス・フェグリー
サマンサ・バーバー ニコール・キッドマン
ジェームズ・“ホービー”・ホバート ジェフリー・ライト
ラリー・デッカー ルーク・ウィルソン
ザンドラ サラ・ポールソン

スタッフ

  • 監督
    ジョン・クローリー
  • 製作
    ニーナ・ジェイコブソン
  • 製作
    ブラッド・シンプソン
  • 脚本
    ピーター・ストローハン
  • 撮影
    ロジャー・ディーキンス
  • 音楽
    トレヴァー・ガレキス

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • ザ・ゴールドフィンチ

    • ★★★★★
    • みなしんさん
    • 2021/04/29 18:39

    テロによる母の喪失から始まるテオの人生、裏表ある大人の人生に触れながら大人に、骨董業も興味ある職業だが、人世に左右するのは名画。アート作品を趣味にする私には、人 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの