ドラマ
グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ (全7話)

グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ
現在、放送予定はありません。

国民的格闘漫画「グラップラー刃牙」と出会い、格闘家たちの肉体や言動からBLの可能性を見いだし、BL妄想に取り憑かれたひとりの腐女子の闘いの記録ッッ。

シリーズ累計発行部数8500万部を突破する国民的格闘漫画「グラップラー刃牙」。同作を初めて読んだBL(ボーイズラブ)研究家の金田淳子が、「この作品、濃厚BLなの 続きを読む

My番組登録者数
  • 0
7

現在、放送予定はありません。

  • グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    第1話「グラップラー刃牙と出会った私ッッ」

  • グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    第2話「地獄の刃牙幼年編と花山薫と私ッッ」

  • グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    第3話「推しメンは空手界のリーサルウェポンな私ッッ」

  • グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    第4話「開幕!最大トーナメントッ!と私ッッ」

  • グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ 第5話「第二部突入!最強死刑囚編と私ッッ」

    グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    国民的格闘漫画「グラップラー刃牙」と出会い、格闘家たちの肉体や言動からBLの可能性を見いだし、BL妄想に取り憑かれたひとりの腐女子の闘いの記録ッッ。

    推しである愚地克巳の出番が減ってしまったことに不安を感じていたあかね。そんな時、居酒屋で柴本に遭遇してしまう。柴本に思いがけないことを言われ、「刃牙シリーズ」に登場する格闘家たちに背中を押され、竹野と向き合うことを決心したあかねは、社内プレゼンに向け、BL妄想を糧になんとか仕事を終わらせる。あとはプレゼン会議で発表をするのみ、しかしそこで地獄を見ることになるとはこの時は思いもしなかった。

    出演

    • 松本穂香
    • 岡山天音
    • 神尾楓珠
    • 岩崎う大(かもめんたる)
    • 島田桃依
    • 穂志もえか

    スタッフ

    • 監督
      山岸聖太
    • 脚本
      上田誠(ヨーロッパ企画)
    • 音楽
      王舟
    • エンディングテーマ曲
      CHAI「Wish Upon a Star」(OTEMOYAN record / Jisedai Inc.)
    • 原案
      金田淳子「『グラップラー刃牙』はBLではないかと1日30時間300日考えた乙女の記録ッッ」(河出書房新社)
    • 制作プロダクション
      ジャンゴフィルム
    • 制作協力
      日活
    • 制作著作
      「グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ」製作委員会

    関連特集

    WOWOWオリジナルドラマ

  • グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    第6話「愛する愚地克巳と私ッッ」

  • グラップラー刃牙はBLではないかと考え続けた乙女の記録ッッ

    第7話「バキ特別編SAGAとBLと私ッッ」

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの