スポーツ
パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

東京2020パラリンピック開幕まで世界最高峰のパラアスリートたちに迫る。IPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOW共同大型ドキュメンタリーシリーズ。

IPC(国際パラリンピック委員会)とWOWOWが共同で立ち上げ、パラリンピック・リオ大会が開催された2016年から、東京大会が開催される2020年まで5年にわた 続きを読む

My番組登録者数
  • 402
  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM アフガン帰り 不屈のカヌー王者:カーティス・マグラス

    10/29(木)よる7:00 10/29(木)よる7:00
    パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    オーストラリア陸軍兵時代、派兵先のアフガニスタンで地雷を踏んだことで人生が激変。そこからパラリンピック金メダリストに上り詰めた不屈の王者に迫る。

    1988年オーストラリア生まれ。2006年に陸軍に入隊。2012年に派兵先のアフガニスタンで、地雷を踏んだことにより両足を失う。救助隊に運ばれながらカーティスは仲間たちに、「自分はパラリンピックに出てみせる」と話したという。リハビリ後、2014年に本格的にパラカヌーを始めると、同年に世界記録を塗り替える快挙を達成。瞬く間にタイトルを総なめにし、カヌー界を席巻すると、2016年ついに、リオパラリンピックで金メダルに輝いた。年々、各国の選手層が厚くなりつつあるカヌーだが、カーティスは王座を譲るつもりはない。自らが世界を舞台に活躍することが、障害のある人を勇気づけ、パラスポーツを広く知らしめ、スポーツの力や可能性を発信することにつながると考えるカヌー王者は、TOKYO2020を見据えている。(2019年)
    ◆この番組は、字幕放送及び副音声における解説放送でもお楽しみいただけます。

    出演

    • 出演
      カーティス・マグラス(オーストラリア/カヌー)
    • ナビゲーター&ナレーター
      西島秀俊

    スタッフ

    • 音楽
      梁邦彦
    • フォトグラファー
      新田桂一
    • 演出
      花枝祐樹
    • プロデューサー
      坂口和之進
    • プロデューサー
      泉理絵
    • チーフプロデューサー
      太田慎也
    • エグゼクティブプロデューサー
      口垣内徹
    • In partnership with
      IPC(国際パラリンピック委員会)

    関連特集

  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    カリブの誇り 史上最速女王:オマラ・デュランド(ガイド:ユニオル・キンデラン)

    11/2(月)午前7:15 11/2(月)午前7:15
  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    TOKYOで輝く日本のエース:木村敬一

    11/19(木)午前4:00 11/19(木)午前4:00
  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    車いすテニス 日本女子のエース:上地結衣

    11/30(月)深夜3:00 11/30(月)深夜3:00
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの