メニュー

スポーツ
パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

国枝慎吾(日本/車いすテニス)

5/31(火)午後5:50

※中止の場合あり

車いすテニス 日本女子のエース:上地結衣

6/1(水)午後5:50

※中止の場合あり

世界最高峰のアスリートに迫るWOWOWオリジナル大型シリーズのクライマックス。東京パラリンピックで躍動する顔触れを中心に世界8カ国8組のアスリートが参戦。

WOWOWと国際パラリンピック委員会(IPC)の共同プロジェクトとして2016年にスタートし、世界最高峰のアスリートに迫る大型シリーズの第5弾が、1年の延期を経 続きを読む

My番組登録者数
  • 322
  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    国枝慎吾(日本/車いすテニス)

    5/31(火)午後5:50 ※中止の場合あり 5/31(火)午後5:50
    ※中止の場合あり
  • パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM 車いすテニス 日本女子のエース:上地結衣

    6/1(水)午後5:50 ※中止の場合あり 6/1(水)午後5:50
    ※中止の場合あり
    6/27(月)午前9:45 ※中止の場合あり 6/27(月)午前9:45
    ※中止の場合あり
    パラリンピック・ドキュメンタリーシリーズ WHO I AM

    車いすテニス、日本女子のエースとして数多くのグランドスラムを制覇、世界ランキング1位も経験。自国開催となる東京パラリンピックまであと1年、エース上地の今を追う。

    1994年生まれ、兵庫県出身。11歳で車いすテニスを始め、小柄な体格ながら卓越したチェアワークと巧みな試合運びを身に付ける。高校3年生の時にロンドンでパラリンピックに初出場すると、シングルス・ダブルスともにベスト8進出。2014年には全仏オープン、全米オープンで初優勝。同年5月に自身初となる世界ランキング1位を記録した。ダブルスでは日本人女子初となる年間グランドスラムを達成し、「女子車いすテニス最年少年間グランドスラム」のギネス記録にも認定され、2度目のパラリンピック出場となった2016年のリオではシングルスで銅メダルを獲得した。パワーテニスの台頭、絶対的ライバルの出現など、激変期ともいえる近年。2020年の東京パラリンピックまであと1年。「リオの忘れ物」を取り戻すべく挑戦するエースを追う。(2019年)
    ◆この番組は、字幕放送及び副音声における解説放送でもお楽しみいただけます。

    出演

    • 出演
      上地結衣(日本/車いすテニス)
    • ナビゲーター&ナレーター
      西島秀俊

    スタッフ

    • 音楽
      梁邦彦
    • フォトグラファー
      新田桂一
    • 演出
      白井景子
    • プロデューサー
      中村梓
    • プロデューサー
      伊吹拓也
    • プロデューサー
      泉理絵
    • チーフプロデューサー
      太田慎也
    • In partnership with
      IPC(国際パラリンピック委員会)
    • 制作協力
      ウッドオフィス

    関連特集

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの