メニュー

映画
阿修羅のごとく

阿修羅のごとく
現在、放送予定はありません。

森田芳光監督が、向田邦子が脚本を担当した昭和の名作ドラマを、大竹しのぶら名女優陣の豪華多彩な顔合わせで映画化。第27回日本アカデミー賞で最優秀監督賞などを受賞。

父親の意外な浮気の事実を知った4姉妹。しかし実は彼女たち自身もそれぞれ、人には言えぬ深い悩みを抱えていた……。かつてNHKで放送され、昭和を代表する名作ドラマとして高い評価を得た向田邦子脚本の同名作品を、大竹、黒木瞳らの豪華競演で映画化。和田勉らが演出したドラマ版は、4姉妹の心の奥底に潜む、どろどろとした女性の愛憎、執念を強烈なタッチで濃厚に描いていたのに対し、この映画版は人間関係のすれ違いをクールな視点で滑稽に笑い飛ばした点がいかにも「家族ゲーム」の森田監督ならではだった。

My番組登録者数
  • 0
阿修羅のごとく

森田芳光監督が、向田邦子が脚本を担当した昭和の名作ドラマを、大竹しのぶら名女優陣の豪華多彩な顔合わせで映画化。第27回日本アカデミー賞で最優秀監督賞などを受賞。

昭和54年の冬。三女・滝子の呼び出しによって、長女の綱子、次女の巻子、そして四女の咲子と、久々に皆が一堂に顔をそろえた竹沢家の4姉妹。その席で滝子は、年老いた父親の恒太郎に、実は愛人と隠し子がいるという意外な話をぶちまける。寝耳に水である突然の事態に皆は思わず驚くが、実は夫を亡くした綱子は妻子ある男性と不倫中、巻子は夫の浮気を疑って思い悩むなど、4姉妹も各自、人には言えぬ深い悩みを抱えていて……。

作品データ

  • 制作年/2003
  • 制作国/日本
  • 内容時間/136分
  • ジャンル/ドラマ・コメディ

出演

役名 役者名
三田村綱子 大竹しのぶ
里見巻子 黒木瞳
竹沢滝子 深津絵里
咲子 深田恭子
里見鷹男 小林薫
竹沢恒太郎 仲代達矢
竹沢ふじ 八千草薫

スタッフ

  • 監督
    森田芳光
  • 製作
    本間英行
  • 脚本
    筒井ともみ
  • 撮影
    北信康
  • 音楽
    大島ミチル

関連特集

昼下がりのシネ窓

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • なるほど・・・納得

    • ★★★☆☆
    • よいこままちゃん
    • 2013/03/23 08:23

    「祭ばやしが聞こえる」さん、ありがとうございます。私、以前の『阿修羅…』観ていません。が、今回の『阿修羅…』がなぜ物足りなかったのか即納得です。女の業、加藤治 続きを読む

  • 『阿修羅のごとく』の平成版

    • ★★★☆☆
    • 祭ばやしが聞こえる
    • 2013/03/22 16:59

    過去にTVの演出・和田勉での連続土曜ドラマで放送されたリメイク版で、映画版では(長女役)加藤治子→大竹しのぶ、(次女役)八千草薫→黒木瞳、(三女役)いしだあゆみ 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

昼下がりのシネ窓

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの