メニュー

映画
晩春

晩春

6/6(月)午後8:00

6/15(水)午前7:00

小津安二郎監督が、戦前以来久々に脚本家の野田高梧とのコンビを復活させるとともに、名女優・原節子と初めて組み、戦後の小津映画独特の基調を決定付けた記念すべき名作。

やもめの父親を気遣って結婚をためらう娘と、そんな娘の愛情をいとおしく想いつつも、いつまでも彼女を自分の手元においてはいけないと苦悩する父親。そんな父娘の心の葛藤を、名匠・小津監督が、端正な画面の中に濃密で危うい親子の情愛をにじませながら、鮮やかに描写。本作で初めて小津映画のヒロインに起用された原が、結婚前である娘の心の揺らぎを絶妙のタッチで好演したほか、笠智衆、杉村春子らの名演技も必見だ。

My番組登録者数
  • 458

小津安二郎監督が、戦前以来久々に脚本家の野田高梧とのコンビを復活させるとともに、名女優・原節子と初めて組み、戦後の小津映画独特の基調を決定付けた記念すべき名作。

妻を早くに亡くし、鎌倉でひとり娘の紀子と2人暮らしの生活を長く続ける大学教授の曽宮周吉。やもめの父親を気遣ってか、紀子は27歳になったが結婚して家を出て行く気配が一向になく、周吉の妹のまさや、紀子の親友のアヤが、彼女に結婚するよう盛んにけしかけても、気のない返事をするばかり。そこで周吉は、紀子に何とか縁談を承知させようと、自分にも再婚の話が持ち上がっていて、それに乗り気でいると紀子に告げるが……。

作品データ

  • 制作年/1949
  • 制作国/日本
  • ジャンル/ドラマ

ユーザーレビュー

投稿されているレビューはありません。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの