映画
オペラ座の怪人(2004)

オペラ座の怪人(2004)

12/3(金)午前11:00

1/4(火)午前6:45

世界中の観衆を魅了した名作ミュージカルを、作曲家A・ロイド=ウェバー自身による製作・共同脚本により映画化。パリのオペラ座を舞台に3人の男女の哀しい恋が展開する。

全世界で延べ8000万人が鑑賞したミュージカルの大ヒット作を完全映画化。作者である天才作曲家A・ロイド=ウェバー自らが製作と共同脚本を手掛け、珠玉の名曲の数々が彩る物語を、余すところなく映画へと移し替えた。加え、「フォーン・ブース」などのベテラン監督J・シュマッカーが、華やかな美術・舞台装置を配して絢爛たるスペクタクル世界を構築してみせた。「300 <スリーハンドレッド>」のG・バトラー、ドラマ「シェイムレス 俺たちに恥はない 」のE・ロッサムらの熱演・熱唱ぶりも見もの。

My番組登録者数
  • 379
オペラ座の怪人(2004)

世界中の観衆を魅了した名作ミュージカルを、作曲家A・ロイド=ウェバー自身による製作・共同脚本により映画化。パリのオペラ座を舞台に3人の男女の哀しい恋が展開する。

1919年。廃墟と化したパリのオペラ座で、かつての栄華をしのばせる品々がオークションにかけられる。時はさかのぼり1870年代。全盛期のオペラ座は大勢の客でにぎわう一方、仮面の怪人“ファントム”の出没で、人々が不安に陥っていた。そんな中、若きコーラスガールのクリスティーヌは、ファントムを自分の“音楽の天使”と信じて敬う。やがて彼女はファントムのおかげでチャンスをつかみ、一躍スターとなるのだが……。

作品データ

  • 原題/The Phantom of the Opera (04), The-Andrew Lloyd Webber
  • 制作年/2004
  • 制作国/アメリカ/イギリス
  • 内容時間(字幕版)/142分
  • ジャンル/ミュージカル/音楽映画

出演

役名 役者名
ファントム ジェラルド・バトラー
クリスティーヌ エミー・ロッサム
ラウル パトリック・ウィルソン
マダム・ジリー ミランダ・リチャードソン
カルロッタ ミニー・ドライヴァー
フィルマン キアラン・ハインズ
アンドレ サイモン・カロウ

スタッフ

  • 監督
    ジョエル・シューマカー
  • 製作
    アンドリュー・ロイド=ウェバー
  • 脚本
    ジョエル・シューマカー
  • 脚本
    アンドリュー・ロイド=ウェバー
  • 撮影
    ジョン・マシソン
  • 音楽
    アンドリュー・ロイド=ウェバー

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 残念

    • ★☆☆☆☆
    • kooya9heathcroft
    • 2011/02/20 09:06

    内容はミュージカルと同じ。セットはすばらしい。残念なことにハイビジョン画質は
    いままでの映画の中で最低。画質向上をお願いします。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの