映画
マイ・フェア・レディ

マイ・フェア・レディ

12/5(日)午後5:30

12/19(日)午前4:00

ブロードウェイの大ヒット・ミュージカルを映画化。第37回アカデミー賞で主要8部門を制覇。「舞妓はレディ」の元ネタともなった名作。

ロンドンの下町の貧しい花売り娘が、気難しい言語学者の猛特訓の末、社交界の花形レディに変身するさまを、数々の名曲を織り交ぜて軽妙に描き、当時としては空前の大ヒットを記録したミュージカルを、ハリウッドが豪華絢爛に映画化。ヒロインには、舞台で評判を呼んだジュリー・アンドリュースに代わって、人気女優のA・ヘプバーンが起用され、熱演を披露。第37回のアカデミー賞では作品、監督賞など主要8部門を受賞したが、主演女優賞は「メリー・ポピンズ」に主演したアンドリュースがさらうこととなった。

My番組登録者数
  • 477
マイ・フェア・レディ

ブロードウェイの大ヒット・ミュージカルを映画化。第37回アカデミー賞で主要8部門を制覇。「舞妓はレディ」の元ネタともなった名作。

言語学が専門のヒギンズ教授は、同好の士であるピカリング大佐と言葉遣いについて議論した末に、ロンドンのきつい下町なまりで花を売り歩く娘イライザを、自分なら上品なレディに仕立て直してみせると豪語。かくしてその成否をめぐって大佐と賭けをしたヒギンズ教授は、早速イライザを相手に、なまりの矯正や礼儀作法のレッスンを開始。特訓の成果が実り、やがて見事一流のレディに変身した彼女は、社交界の花形となるのだが…。

作品データ

  • 原題/My Fair Lady
  • 制作年/1964
  • 制作国/アメリカ
  • 内容時間(字幕版)/172分
  • 内容時間(字幕版)/172分
  • ジャンル/ミュージカル/音楽映画

受賞歴

  • 第37回(1964)アカデミー賞作品賞
  • 第37回(1964)アカデミー賞主演男優賞「レックス・ハリソン」
  • 第37回(1964)アカデミー賞監督賞「ジョージ・キューカー」
  • 第37回(1964)アカデミー賞カラー撮影賞「ハリー・ストラドリング」
  • 第37回(1964)アカデミー賞カラー美術賞「ジーン・アレン、セシル・ビートン、ジョージ・ジェームズ・ホプキンス 」
  • 第37回(1964)アカデミー賞カラー衣装デザイン賞「セシル・ビートン」
  • 第37回(1964)アカデミー賞音響賞
  • 第37回(1964)アカデミー賞編曲賞「アンドレ・プレヴィン 」

出演

役名 役者名
イライザ オードリー・ヘプバーン
ヘンリー・ヒギンズ レックス・ハリソン
イライザの父 スタンリー・ホロウェイ
ピカリング大佐 ウィルフリド・ハイド=ホワイト
ヒギンズの母 グラディス・クーパー

スタッフ

  • 監督
    ジョージ・キューカー
  • 製作
    ジャック・L・ワーナー
  • 脚本
    アラン・ジェイ・ラーナー
  • 撮影
    ハリー・ストラドリング
  • 音楽
    アンドレ・プレヴィン

関連特集

年末恒例企画:ハリウッドスター・コレクション

年末恒例となったスター主演作特集を今年も

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

ユーザーレビュー

現在、2件のレビューが登録されています。

  • ヒギンズ教授のお母ちゃん

    • ★★★★☆
    • hero come on
    • 2015/01/16 15:45

    …1964年の作品。
      その当時は、ビートルズを始めリヴァプール・サウンドにドップリとハマっていたので、こうした作品は観るに値せず、自分としては対象外の作品
    続きを読む

  • 名作

    • ★★★★☆
    • newmorning
    • 2014/11/28 19:59

    子供の頃見たときは大して面白みは感じませんでしたが(今思うとそりゃそうなんですがね・笑) 再見してよくわかりました、語り継がれる名作映画の魅力。 アスコット競馬 続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

年末恒例企画:ハリウッドスター・コレクション

年末恒例となったスター主演作特集を今年も

4Kシアター

週末はWOWOWで4K映画を。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの