メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

  • 放送予定
  • 放送カード
  • トーナメント表
  • 結果
  • 注目選手
  • 車いすテニス
  • 会場紹介
  • 歴史
  • 出演者
  • 動画

WOWOW TENNIS ONLINE

※お申し込みいただいた情報やお手続きの状況により15分程度でご視聴いただけない場合があります。BS-9chに合わせてお待ちいただいてもご視聴いただけない場合は、お電話にてお問い合せください。

スタジアムガイド

スタジアムガイド

スタジアムガイド

グランドスラムのなかで最もエンターテイメント性の強い全米オープン。会場の注目ポイントや豆知識をご紹介。

MAP

スタジアム紹介

アーサー・アッシュ スタジアム

アーサー・アッシュ スタジアム

写真:Getty Images

 グランドスラムの中でも最大規模を誇るセンターコートの名称は、60年代から70年代にかけて活躍したアメリカ人プレーヤーのアーサー・アッシュにちなんでつけられた。68年の全米オープンをはじめ3度グランドスラムを制覇した、黒人プレーヤーの先駆者だ。

 席数は22,547。特に190フィート(約58メートル)という高さは圧巻で、最上列の席から見るコートはまるでミニチュアだが、それもまた世界最大のテニススタジアムならではのスケール感といえよう。双眼鏡はお忘れなく。前方のチケットを持っていても、一度最上列まで行ってみるといい。特にナイトマッチでは、沈む夕陽に照らされるマンハッタンの景色がムード満点だ。

 全米オープンの演出はとにかく華やかで、チェンジエンドでは大ボリュームでBGMが鳴り響いて観客もノリノリ。ウィンブルドンのような雰囲気が好きな人には落ち着かない会場ではあるが、眉をひそめていてもしかたがない。パーッと飲み食いしながら大いにアメリカンスタイルを楽しむべし。

 なお、アーサーアッシュスタジアムでは現在、開閉式の屋根の設置工事を行っており、2016年には完成する予定となっている。

ルイ・アームストロング スタジアム

ルイ・アームストロング スタジアム

写真:Getty Images

 1万人強を収容する2ndコート。アーサー・アッシュ スタジアムが完成する97年まではここがセンターコートだった。その時代は2万人収容規模だったが、メインスタジアムの座を譲ってからはスタジアム上部の観客席を撤去して縮小された。

 ルイ・アームストロングは20世紀を代表するジャズミュージシャンだが、テニスとは無関係。なぜそんな人物の名が? 実は、全米オープン会場のフラッシング・メドウズは1939年と64年のニューヨーク万博の会場の跡地であり、このスタジアムはその万博の際に多目的用に建設されたもの。以後コンサートホールとして使用していたこともあり、アームストロングの死から2年後の1973年にその功績を称えて命名された。それをテニススタジアムとして改修したというわけだ。もともと長細いかたちをしていたため、半分に巨大な観客席を増築してスタジアムコートにし、半分は『グランドスタンド』としてかつての姿を残している。これで、独特かつ複雑な造りの理由がおわかりだろう。

 なお、こちらでも改修計画が進んでおり、グランドスタンドは会場の南西部に場所を移し、2016年に完成予定。2018年には14,000人収容の新ルイ・アームストロング スタジアムも完成する予定となっている。

押さえておきたい全米オープンでの注目スポット

サウスプラザ

サウスプラザ

写真:Getty Images

アッシュの像

アッシュの像

写真:Getty Images


 アーサー・アッシュ スタジアムへの入口正面には大きな噴水が目印の広場がある。連日ジャズバンドなどが生演奏を届けるなど、アメリカらしいムードを満喫できる。スタジアムのチケットを持っていなければ、このあたりでのんびりと巨大スクリーン観戦もいいだろう。

 広場のシンボルは『アッシュの像』。2000年にお目見えした当初は「全然似ていない」「なぜ裸なのか」などと不評で、「取り除くべき」などという過激な声もあったというが、USTA(全米テニス協会)によると「アッシュを描写したものではなく彼の魂を具現化したもの」とのこと。今ではすっかり会場の光景になじみ、49歳の若さで亡くなったアッシュの功績と、そのスピリットを後世に伝えている。

ウエストゲート

ウエストゲート

写真:Getty Images

 サイトマップを見ればフードエリアもスポンサーブースもだいたいわかるが、一番知りたい「選手を近くで見られる場所」は記されていないもの。狙いはやはり練習コートだ。主に選手やVIP、関係者が出入りする『プレジデンツゲート』もある『ウエストゲート』を入ってすぐ、コート番号『P1』から『P5』までの5面の練習コートがある。トップ選手もよく練習するところで、グランドチケットを持っていれば観賞できる。サインをもらえるチャンスがあるとしたら、練習の前後、関係者エリアからコート入り口までのわずかな距離。ただし、スペースは狭く大勢が「出待ち」しているので、「運が良ければ」の話だが…。

 また、このそばには、テレビの撮影クルーが選手のインタビューを行なったり、コメンテーターの中継を行なったりしているエリアもあり、現役のトップ選手や往年のスター選手の姿を見られるかも。

 練習コートは地下鉄7番線の乗り場方面、イーストゲートの外にも10面ほどあるので要チェック。

新規ご加入はこちら e割 加入料なし!カンタン・おトク!
あなたも、お友達も視聴料1カ月無料
[an error occurred while processing this directive]