映画
でーれーガールズ

でーれーガールズ

1/3(月)午前6:00

人気作家・原田マハの同名小説を、「恋するマドリ」の大九明子監督が多彩なキャストの競演で映画化。岡山を舞台に、2人の女性の麗しい友情を爽やかに綴った感動ドラマ。

「キネマの神様」や「総理の夫」、連続ドラマWの「いりびと 異邦人」と、ここ最近彼女の小説の映画化、ドラマ化が相次ぎ、大きな注目を集める人気作家の原田。彼女が岡山の女子高に通った自らの思春期の思い出をもとに発表した同名小説(題名中の〈でーれー〉は、岡山弁で〈ものすごい〉の意)を、「恋するマドリ」の大九監督が映画化。女子高時代の2人のヒロインを優希美青と足立梨花、そして大人に成長した現代の2人を、元宝塚の人気スター、白羽ゆりと安蘭けいがそれぞれ好演し、爽やかな感動作に仕上がった。

My番組登録者数
  • 23
でーれーガールズ

人気作家・原田マハの同名小説を、「恋するマドリ」の大九明子監督が多彩なキャストの競演で映画化。岡山を舞台に、2人の女性の麗しい友情を爽やかに綴った感動ドラマ。

1980年、東京から岡山の女子高に転校してきた鮎子。内向的な彼女は、周囲になかなかなじめず、大学生のイケメン男子との恋をひそかにマンガに描き綴っていた。そんなある日、鮎子はそのマンガをクラスのリーダー的存在である秋本武美に見られてしまい、それをきっかけに2人は友情を深めていく。それから30年の歳月が流れ、現代。今や人気漫画家となった鮎子は、母校での講演会のため岡山に戻り、武美と再会することに。

作品データ

  • 制作年/2015
  • 制作国/日本
  • 内容時間/119分
  • ジャンル/ラブロマンス/青春

出演

役名 役者名
佐々岡鮎子(高校時代) 優希美青
秋本武美(高校時代) 足立梨花
佐々岡鮎子(現代) 白羽ゆり
秋本武美(現代) 安蘭けい
ヒデホ 矢野聖人
九十九操 根岸季衣

スタッフ

  • 監督
    大九明子
  • 脚本
    源孝志
  • 撮影
    中村夏葉
  • 音楽
    矢野博康

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • やっとWOWOWで

    • ★★★★☆
    • ボンぼんこ
    • 2021/09/05 21:48

    結構好きな映画なんですよ。
    高校生の2人の演技が良い。

ログインしてレビューを投稿する

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEBアカウントをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEBアカウントをお持ちでない方
WEBアカウントを登録する
WEBアカウントをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
アップコンバートではない4K番組
4K-HDR番組
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
  
5.1chサラウンド放送
5.1chサラウンド放送(副音声含む)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの