映画
ヒットマン:レジェンド 憎しみの銃弾

ヒットマン:レジェンド 憎しみの銃弾
現在、放送予定はありません。

舞台はイタリアのナポリ。引退した伝説的ヒットマンは殺された息子の復讐のため、巨大ファミリーとの全面対決に挑む。グラフィックノベルを原作にしたハードなアクション。

母国イタリアではコミック界などで活躍し、東京のポップカルチャーからも強く影響を受けたというアーティスト、イゴールが監督・脚本・美術を担当し、自身のグラフィックノベルを実写映画化したバイオレンスアクション。ハードボイルドな空気をたっぷりと漂わせながら、アクション場面は日本でいう劇画タッチなのがユニークだ。「グレート・ビューティー/追憶のローマ」のT・セルヴィッロ、ハリウッド映画「ホット・ショット」のV・ゴリノなど、イタリア出身の国際的スターが集結。WOWOWの放送が日本初公開。

My番組登録者数
  • 0
ヒットマン:レジェンド 憎しみの銃弾

舞台はイタリアのナポリ。引退した伝説的ヒットマンは殺された息子の復讐のため、巨大ファミリーとの全面対決に挑む。グラフィックノベルを原作にしたハードなアクション。

1972年、ナポリ。第2次世界大戦直後からずっと凄腕ヒットマンとして活躍してきたペッピーノだが、ある暗殺の仕事を同業である息子ニーノがすることに。しかしニーノは標的である青年ギャングによって殺されてしまい、ペッピーノもファミリーのボス、ラーヴァやその手下たちから命を狙われるようになる。ペッピーノは信頼できる仲間であるリータ、トトに協力を求め、ラーヴァとそのファミリーに復讐しようと行動に出るが……。

作品データ

  • 原題/5 Is the Perfect Number
  • 制作年/2019
  • 制作国/イタリア/ベルギー/フランス
  • 内容時間(字幕版)/107分
  • ジャンル/アクション/冒険

出演

役名 役者名
ペッピーノ トニ・セルヴィッロ
リータ ヴァレリア・ゴリノ
トト カルロ・ブチロッソ
ラーヴァ ジージョ・モッラ
ニーノ レレンツォ・ランスロッティ

スタッフ

  • 監督
    イゴール
  • 製作
    エルダ・フェッリほか
  • 脚本
    イゴール
  • 撮影
    ニコライ・ブルーエル
  • 美術
    イゴール

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

ユーザーレビュー

現在、1件のレビューが登録されています。

  • 雰囲気はあるが、惜しい。

    • ★★★☆☆
    • Tomozology
    • 2020/08/28 07:15

    映画全体の雰囲気や、1970年代を意識したオープニング映像なんかはセンス良く、さすがイタリア映画という感じ。
    ただ、プロットには改善の余地があり、もう少しうまく
    続きを読む

ログインしてレビューを投稿する

関連特集

ジャパンプレミア

日本初登場となる海外の秀作をセレクト

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回放送
新番組
最終回
生放送
5.1chサラウンド放送
二カ国語版放送
吹替版放送
字幕版放送
字幕放送
ノンスクランブル(無料放送)
オンデマンドでの同時配信
オンデマンドでの同時配信対象外
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定に相当する場面があると思われるもの
劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定に相当する場面があると思われるもの
1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの