メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

宝塚への招待

WOWOWライブ
宝塚大劇場での公演はもちろん、
小劇場で行われた人気作も放送!

NEXT

次回のラインナップ

「桜華に舞え」(星組2016年)

[初回] 1/13(土)午後3:00

「桜華に舞え」(星組2016年)

星組の元トップスター北翔海莉と元トップ娘役・妃海風の宝塚歌劇団退団公演。幕末の動乱の中で活躍した明治維新の立役者のひとり桐野利秋を北翔が演じる。

2016年上演の、宝塚歌劇団星組元トップスター北翔海莉の退団公演を放送。この作品は、幕末から西南戦争にかけての動乱期を描いたグランステージ。作・演出担当の齋藤吉正はテーマを“義”“勇気”“真心”だと語る。北翔は、薩摩藩士出身で、幕末に立てた武勲から明治維新の立役者のひとりにまでなりながら、西南戦争へ身を投じた桐野利秋を演じる。なお、この舞台で星組元トップ娘役の妃海風も退団した。

【ストーリー】
黒船が来航し攘夷の機運が日本中で高まり始めたころ、薩摩生まれの中村半次郎(北翔海莉)は、幼なじみの衣波隼太郎(紅ゆずる)とともに京で刀を振るう日を夢見て剣術の稽古に明け暮れていた。ある時、同郷の英傑・西郷吉之介(後の西郷隆盛/美城れん)と対面した半次郎は上洛を直訴。だが平和な世の中の建設を志す吉之介にいさめられる。半次郎は広い視野で理想を抱く吉之助に心酔する。やがて京に上った半次郎は幕末の動乱の中で武勲を立て頭角を現わす。会津でなぎなたを手に官軍と渡り合う武家の娘・大谷吹優(妃海風)と出会ったのもこのころだった。
時は流れ、明治6年。維新後に桐野利秋と名を改めた半次郎は陸軍少将に出世していた。薩摩への愛を胸に、利秋は西郷と同じ陸軍に、隼太郎は警視隊に身を置きそれぞれの道を邁進する。だが、維新により生じた時代のひずみは避けがたく、利秋は西郷とともに下野。やがて西南戦争へと身を投じていく。

詳しい番組情報はこちら

REPEAT

リピート放送

「La Esmeralda」―早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付―

[再] 12/25(月)午後2:30

「La Esmeralda」―早霧せいな×咲妃みゆ 副音声解説付―

エメラルドの海をバックに繰り広げられる情熱的な愛と夢の数々を描くラテンショー。元雪組トップスター早霧せいなが“情熱”を体現するロマンティックなステージ。

2017年7月に宝塚歌劇団を退団した、早霧せいなと咲妃みゆのちぎみゆコンビ率いる雪組の、ファンの間で絶大な人気を誇るラテンショー。
2014年10月に『伯爵令嬢』で同時にトップとしてお披露目を果たした2人は、宝塚103年の歴史で初めて大劇場公演全日程を、トップ就任から5作品連続で満員にさせたという記録を持つ伝説のトップコンビ。『ルパン三世』『るろうに剣心』『ローマの休日』など次々と話題作を送り出す中、惜しまれながら宝塚歌劇団をそろって退団。そんな退団公演のサヨナラショーでも印象的だった、ファンの人気が高いラテンショーを、ちぎみゆコンビの副音声解説付きで放送する。当時のエピソードトークやここでしか聞けない裏話も交えた副音声は必聴。

詳しい番組情報はこちら

©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

閉じる