メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

世界最高峰のオペラをご自宅で。
至高の贅沢をWOWOWライブでお届け。

2016-17シーズン ラインナップ放送決定!

Next Show Time

今後の 放送予定

メトロポリタン・オペラ 
ヴェルディ《ナブッコ》[WOWOWライブ]
12/9(土)よる6:00[字幕版][5.1]

メトロポリタン・オペラ ヴェルディ《ナブッコ》

作品情報

作曲者:ジュゼッペ・ヴェルディ
作曲年:1840年〜41年
原作:旧約聖書を素材としたテミストークレ・ソレーラの書き下ろし
台本:テミストークレ・ソレーラ
構成・言語:全4幕・イタリア語

プロモーション映像

プロモーション映像

本作のみどころ

プラシド・ドミンゴとジェイムズ・レヴァインのMETを象徴する2大巨頭が生み出す唯一無二の舞台。ヴェルディの名曲に彩られた壮大な歴史絵巻がステージ上に現出する。

“世界3大テノール”のひとりで、今はバリトンとしても活躍するドミンゴとMET名誉音楽監督レヴァインのゴールデンコンビが、若きヴェルディの出世作に情熱を吹き込む。前作のオペラの失敗や妻子の死と、公私ともに苦悩の時代にあったヴェルディが起死回生を果たした作品。
バビロニア国王ナブッコがエルサレムを攻め、当地に住むヘブライ人をバビロンに連行した事件を綴った「旧約聖書」の「バビロン捕囚」に基づく壮大な歴史絵巻。捕らわれのヘブライ人たちが故郷をしのぶ場面で歌われ、イタリア第2の国歌とたたえられる「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」をはじめ、イタリア・オペラの大衆化に貢献したオペラ史上に輝く記念碑的作品。ナブッコ王を演じる当時75歳のドミンゴは、王としての征服欲、父としての葛藤、人間の苦悩を背負った難役を務め重厚な演唱で作品に深みを与え、まさに奇跡の舞台と呼ぶにふさわしい傑作となっている。

スタッフ&キャスト

  • ジェイムズ・レヴァイン

    【指揮】ジェイムズ・
    レヴァイン

  • エライジャ・モシンスキー

    【演出】エライジャ・
    モシンスキー

  • プラシド・ドミンゴ

    【バリトン】ナブッコ役/
    プラシド・
    ドミンゴ

  • リュドミラ・モナスティルスカ

    【ソプラノ】アビガイッレ役/
    リュドミラ・
    モナスティルスカ

  • ジェイミー・バートン

    【メゾ・ソプラノ】フェネーナ役/
    ジェイミー・
    バートン

  • ラッセル・トーマス

    【テノール】イズマエーレ役/
    ラッセル・
    トーマス

  • ディミトリ・ベロセルスキー

    【バス】ザッカーリア役/
    ディミトリ・
    ベロセルスキー

本作のみどころ

プラシド・ドミンゴとジェイムズ・レヴァインのMETを象徴する2大巨頭が生み出す唯一無二の舞台。ヴェルディの名曲に彩られた壮大な歴史絵巻がステージ上に現出する。

“世界3大テノール”のひとりで、今はバリトンとしても活躍するドミンゴとMET名誉音楽監督レヴァインのゴールデンコンビが、若きヴェルディの出世作に情熱を吹き込む。前作のオペラの失敗や妻子の死と、公私ともに苦悩の時代にあったヴェルディが起死回生を果たした作品。
バビロニア国王ナブッコがエルサレムを攻め、当地に住むヘブライ人をバビロンに連行した事件を綴った「旧約聖書」の「バビロン捕囚」に基づく壮大な歴史絵巻。捕らわれのヘブライ人たちが故郷をしのぶ場面で歌われ、イタリア第2の国歌とたたえられる「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」をはじめ、イタリア・オペラの大衆化に貢献したオペラ史上に輝く記念碑的作品。ナブッコ王を演じる当時75歳のドミンゴは、王としての征服欲、父としての葛藤、人間の苦悩を背負った難役を務め重厚な演唱で作品に深みを与え、まさに奇跡の舞台と呼ぶにふさわしい傑作となっている。

スタッフ&キャスト

  • ジェイムズ・レヴァイン

    【指揮】ジェイムズ・レヴァイン

  • エライジャ・モシンスキー

    【演出】エライジャ・モシンスキー

  • プラシド・ドミンゴ

    【バリトン】ナブッコ役/
    プラシド・ドミンゴ

  • リュドミラ・モナスティルスカ

    【ソプラノ】アビガイッレ役/
    リュドミラ・モナスティルスカ

  • ジェイミー・バートン

    【メゾ・ソプラノ】フェネーナ役/
    ジェイミー・バートン

  • ラッセル・トーマス

    【テノール】イズマエーレ役/
    ラッセル・トーマス

  • ディミトリ・ベロセルスキー

    【バス】ザッカーリア役/
    ディミトリ・ベロセルスキー

閉じるもっと見る
a Repeat もちろん過去の名作も盛りだくさん!リピート放送はこちらから。

© Marty Sohl/Metropolitan Opera© Jonathan Tichler/Metropolitan Opera 「モーツァルト《フィガロの結婚》」METライブビューイング© Ken Howard/Metropolitan Opera 「ロッシーニ《セヴィリャの理髪師》」© Ken Howard/Metropolitan Opera 「ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》」METライブビューイング©Ken Howard/Metropolitan Opera 「チャイコフスキー《イオランタ》」©Baden-Baden Festival Photo: Andrea Kremper 「バルトーク《青ひげ公の城》」METライブビューイング©Teatr Wielki Production Photo: Krzysztof Bielinski 「マスカーニ《カヴァレリア・ルスティカーナ」METライブビューイング© Cory Weaver/ Metropolitan Opera 「レオンカヴァッロ《道化師》)」METライブビューイング© Cory Weaver/ Metropolitan Opera 「ヴェルディ《イル・トロヴァトーレ》」METライブビューイング© Marty Sohl/Metropolitan Opera 「プッチーニ《トゥーランドット》」METライブビューイング© Marty Sohl/Metropolitan Opera 「プッチーニ《蝶々夫人》」METライブビューイング©Marty Sohl/Metropolitan Opera 「プッチーニ《マノン・レスコー》」METライブビューイング© Kristian Schuller/Metropolitan Opera 「ヴェルディ《オテロ》」METライブビューイング© Kristian Schuller / Metropolitan Opera 「ワーグナー《タンホイザー》」METライブビューイング©Marty Sohl/Metropolitan Opera 「ベルク《ルル》」METライブビューイング© Kristian Schuller / Metropolitan Opera 「ビゼー《真珠採り》」METライブビューイング© Ken Howard / Metropolitan Opera 「ドニゼッティ《ロベルト・デヴェリュー》」 METライブビューイング© Kristian Schuller/Metropolitan Opera 「R・シュトラウス《エレクトラ》」METライブビューイング© Kristian Schuller/Metropolitan Opera「ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》」METライブビューイング©Kristian Schuller / Metropolitan Opera 「モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》」METライブビューイング© Marty Sohl/Metropolitan Opera 「カイヤ・サーリアホ《遥かなる愛》」METライブビューイング©Ken Howard/ Metropolitan Opera 「ヴェルディ《ナブッコ》」METライブビューイング© Marty Sohl/Metropolitan Opera 「グノー《ロメオとジュリエット》」METライブビューイング©Ken Howard/ Metropolitan Opera 「ドヴォルザーク《ルサルカ》」METライブビューイング©Ken Howard/ Metropolitan Opera 「ヴェルディ《椿姫》」METライブビューイング©Ken Howard/Metropolitan Opera 「モーツァルト《イドメネオ》」METライブビューイング© Marty Sohl/Metropolitan Opera 「チャイコフスキー《エフゲニー・オネーギン》」METライブビューイング© Marty Sohl/Metropolitan Opera 「R・シュトラウス《ばらの騎士》」METライブビューイング© Kristian Schuller/Metropolitan Opera

ページトップへ