メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

EASTERN CONFERENCE

シャーロット・ホーネッツ

Charlotte Hornets

シャーロット・ホーネッツ

     
  • 基本情報
  • プレイヤー
  • チーム名の由来

    シャーロットはアメリカ独立戦争で激戦が繰り広げられた地であり、その際敵軍がこの街を「スズメバチの巣」と呼んだことからホーネッツの名が付いた。14-15シーズン開幕前にボブキャッツから改称し、12年ぶりに「シャーロット・ホーネッツ」が復活した。

  • 創設

    2004年

  • ファイナル制覇

    0回

  • ファイナル進出

    0回

  • アリーナ

    スペクトラム・センター

  • ヘッドコーチ

    スティーブ・クリフォード

  • ゼネラル・マネージャー

    リッチ・チョー



シーズン 勝率 順位 プレーオフ成績
15-16 48 34 .585 東6位 1回戦敗退
14-15 33 49 .402 東11位 不出場
13-14 43 39 .524 東7位 1回戦敗退
12-13 21 61 .256 東14位 不出場
11-12 7 59 .106 東15位 不出場
2016-17の展望

 昨季開幕前はまったくのノーマークだったが、予想外の48勝を挙げ、プレーオフ第1ラウンドでもヒートを7戦まで追い詰めて存在感を示した。その再現を目指し、ニコラ・バトゥームと5年1億2000万ドルで、マービン・ウィリアムズと4年5450万ドルで再契約。ただ、ジェレミー・リン、コートニー・リン、アル・ジェファーソンといった去年の主力が移籍したことがどう響くか。

 今季もケンバ・ウォーカー(昨季平均20.9得点、4.4リバウンド、5.2アシスト)、バトゥーム(同14.9得点、6.1リバウンド、5.8アシスト)という2人が中心になることは変わらない。去年はプレーオフでも平均22.7得点を記録したウォーカーは、引き続きエースの役目を立派に果たすだろう。一方、スーパースター級の契約を授与されたバトゥームは攻守の潤滑油役を務めなければいけない。

 ウィリアムズ、コディ・ゼラー、フランク・カミンスキーといったロールプレーヤーたちにもある程度は計算が立つ。さらに肩の故障から復帰するマイケル・キッド・ギルクリスト、新加入のマルコ・ベリネリ、ロイ・ヒバート、ラモン・セッションズらも戦力になれば、選手層は去年とほぼ同様になる。

 かなり地味なロースターで、正直、これ以上の大きな伸びしろがあるとは思えない。現状のメンバーではプレーオフでの上位進出は難しいだろう。それでもスティーブ・クリフォードHCが脇役たちの力を上手に引き出し、今季もレギュラーシーズン中は勝率5割以上を残すのではないか。

杉浦 大介
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを中心に精力的に取材活動を行う。『日本経済新聞』『スポーツナビ』『スポーツ・コミュニケーションズ』『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』等の多数の媒体に記事、コラムを寄稿している。

※2016年10月24日掲載 

あなたもお友達も、視聴料1ヶ月無料!

WOWOW NBA 公式Twitter
WOWOW公式Facebookバスケ場!

PAGE TOP