25th

メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

WOWOW NBA ONLINE

NBA16-17シーズン

EASTERN CONFERENCE

ボストン・セルティックス

Boston Celtics

ボストン・セルティックス

     
  • 基本情報
  • プレイヤー
  • チーム名の由来

    セルティックは「ケルト人の」という意味で、マサチューセッツ州ボストン周辺はアイルランド人が多く移民した土地であったことから命名された。

  • 創設

    1946年

  • ファイナル制覇

    17回

  • ファイナル進出

    21回

  • アリーナ

    TDガーデン

  • ヘッドコーチ

    ブラッド・スティーブンズ

  • ゼネラル・マネージャー

    ダニー・エインジ



シーズン 勝率 順位 プレーオフ成績
15-16 48 34 .585 東5位 1回戦敗退
14-15 40 42 .488 東7位 1回戦敗退
13-14 25 57 .305 東12位 不出場
12-13 41 40 .506 東7位 1回戦敗退
11-12 39 27 .591 東4位 カンファレンス決勝敗退
2016-17の展望

 スーパースターと呼べる選手は不在ながら、昨季のセルティックスは“ビッグ3(ケビン・ガーネット、ポール・ピアース、レイ・アレン)”時代が終焉して以降では最多の48勝を挙げた。しかし、プレーオフではまたも第1ラウンドで敗退。若くして名将との評価を勝ち得始めたブラッド・スティーブンズHCの指揮下、今季はプレーオフでの上位進出が大目標になる。

 その切り札として、オフにFAでアル・ホーフォードを獲得。献身的姿勢、パスワークを備えたビッグマンはスティーブンズの目指す戦術にもフィットしそうで、攻守両面で新たな軸ができたことは大きい。このホーフォード、ボストン移籍後にブレイクしたアイザイア・トーマスのイン&アウト・デュオが軸になり、ジェイ・クラウダー、エイブリー・ブラッドリーといったベテランたちと噛み合えば先行きは有望だ。また、3年目を迎えるマーカス・スマート、今年度のドラフトで全体3位指名されたジェイレン・ブラウンの活躍も楽しみ。守備力に秀でたセルティックスが今季中にラプターズを乗り越え、キャブズに次ぐイースタン2番手に浮上する可能性も十分にある。

 もっとも、その一方で、現在のロースターでは現実的にキャブスに勝つのは難しいだろう。少なくとももう一枚はスターが必要。真の意味での優勝候補への浮上を目指し、大胆不敵なダニー・エインジGMがシーズン中にでもさらなる補強に取り組む可能性も十分ある。

杉浦 大介
東京都出身。高校球児からアマボクサーを経て、フリーランスのスポーツライターに転身。現在はニューヨーク在住で、MLB、NBA、NFL、ボクシングを中心に精力的に取材活動を行う。『日本経済新聞』『スポーツナビ』『スポーツ・コミュニケーションズ』『スラッガー』『ダンクシュート』『アメリカンフットボールマガジン』『ボクシングマガジン』等の多数の媒体に記事、コラムを寄稿している。

※2016年10月24日掲載 

オンエア情報

2017年3月放送予定

3/25(土)午前11:30
キングス vs ウォリアーズ
3/30(木)午前10:30
ウォリアーズ vs スパーズ

2017年4月放送予定

4/1(土)午前11:15
ロケッツ vs ウォリアーズ

NBA観るならWOWOW! ファイナルまで徹底放送! ご加入はこちら

あなたもお友達も、視聴料1ヶ月無料!

WOWOW公式Facebookバスケ場!

PAGE TOP

閉じる

シェアありがとうございます

WOWOWポイント pt GET!(1日1回)

WOWOWポイントを使おう!