「存在感を出そうとしているところを見てほしい」
リンク栃木ブレックス、渡邉裕規選手、落合知也選手が語るNBA、B.LEAGUE

  • 2018/1/17

渡邉裕規、落合知也

13日にWOWOにて放送されたゴールデンステート・ウォリアーズ対ミルウォーキー・バックス戦に渡邉裕規、落合知也(ともにB.LEAGUEリンク栃木ブレックス)の両選手がゲスト出演しました。両選手はチームメイトらしく息の合ったトークで、今季のNBA、B.LEAGUEのことなどについて話してもらいました。

—— 今日、NBAの解説をしてみてどうでしたか?

渡邉選手:解説自体は初めてではなかったのですが、WOWOWさんで解説するのは初めてでした。すごくフランクな感じで、番組内にはコーナーもあり、ただ解説するだけでなく楽しめました。落合さんを引き立てることを意識したのですが、うまく引き立てられなくて申し訳なかったと思います笑。

落合選手:本当に楽しい現場でした。元々NBAが好きなので、それを解説するのは恐縮だったのですが、良い経験になりました。選手だからこそ思うことがあったのですが、うまく伝えられず、その点は反省しています。もう少しできると思うので、次回呼んでいただいた時のために喋りを鍛えておきたいと思います。

渡邉選手:次回に出演の機会があれば、お邪魔にならない程度にやりたいです。今度は一人で出演したいです笑。(落合選手の)気合いがすごかったです。隣でギラギラしていると自分もギラギラだと思われるので、それは勘弁してもらいたいです。

落合選手:自分はギラギラしていました。渡邉さんも僕と一緒に出演して楽しんでいたし、いじってくれたので良かったです。

—— 今日の試合のウォリアーズ対バックスは108対94でウォリアーズが勝利しました。試合の感想はいかがでしたか?

渡邉選手:面白かったです。ヤニス・アデトクンボ(バックス)とケビン・デュラント(ウォリアーズ)のマッチアップが面白いところだったのでもう少しバチバチしていても良かったとは思いますけど、今日の試合ではウォリアーズの強さが際立ちました。ウォリアーズは昨季王者ですから、レギュラーシーズンで1試合でも勝つというのは難しいですが、(バックスがウォリアーズを倒す)その1試合を見たかったですね。

落合選手:自分もバックスがウォリアーズを倒してほしいと思って見ていたのですが、やっぱりウォリアーズはステフィン・カリー抜きでもあの強さでしたので脱帽しました。要所でデュラントがシュートを決めるのがウォリアーズの強みですね。そこに対してアデトクンボがもっともっといい活躍をできれば彼自身も一皮むけるし、チームももっと上位にいけると思いますので、そこには注目していきたいです。

—— 番組内で渡邉選手がマルコム・ブログドン(バックス)、落合選手がケボン・ルーニー(ウォリアーズ)を注目選手に挙げていました。その理由をお聞かせください。

渡邉選手:派手なプレーをしないけど、シュートを入れてほしい時に入れていました。それを自分で分かっているのが凄いなと思いました。試合の流れを読む力は凄いです。

落合選手:派手な選手も好きですけど、チームにはルーニーみたいな泥臭い選手が必要です。ゴールにアタックしたり、リバウンドをフォローするなど2年目ですがプレー時間をもらって試合に出ていることによって成長していくので、今後が楽しみな選手です。

渡邉裕規

—— NBAの面白さ、魅力を教えてください。

渡邉選手:バスケットはトランジションのスポーツで展開が変わるし、たとえ20点離されていても逆転できるので、ラスト数秒で試合が決まるという他のスポーツにない独特の緊張感があります。NBAは特に観客も盛り上がるタイミングが分かっていて、あのような雰囲気は他のスポーツでも日本のバスケットボール界にもないですね。アリーナの一体感は、プレーしている選手は楽しいでしょうね。テレビ観戦も面白いですが、会場にいけばもっと鳥肌が立つような面白さがあると思います。そこが魅力ですね。

落合選手:昔からNBAを見ていました。デニス・ロッドマンに憧れて背番号91をつけたり、彼の生き様にはリスペクトしています。NBAには日本にはない派手さがあります。ダンクシュートや見た目など、そういった姿は誰にでも伝わると思います。実際にNBAのアリーナには行ったことはないですが、渡邉選手も言っていたように想像以上のエンターテイメントが詰まっていると思うので、一度は生で見てみたいです。試合以外で楽しませる姿勢は、NBAの魅力であり面白さだと思います。

—— 今季のNBAで注目しているチームや選手は?

渡邉選手:チームとしては、ヒューストン・ロケッツです。ウォリアーズとクリーブランド・キャバリアーズ以外のチームに勝ってほしいので。この2チームは勝って当たり前の戦力を持っているので、ロケッツあたりが優勝まではいかないまでもウエストを勝ち抜いて荒らしてほしいです。選手は、ミロシュ・テオドシッチ(ロサンゼルス・クリッパーズ)に注目しています。真似できないプレーヤーではないと思うので、もう少し見たいですよね。僕らからすると、ダンクシュートは真似できるところではないのですが、テオドシッチが生きる道はそこではないんですよね。親近感とまではいかないですが、盗むところがあると思います。

落合選手:僕はミーハーなので、キャバリアーズです。レブロン・ジェームズも好きです。今はイースタン3位ですが、アイザイア・トーマスが戻ってきて尻上がりに上がってくると思います。レブロンはプレーオフからしか本気出さないので、その本気モードを注目してみていきたいです。選手は、ラッセル・ウエストブルック(オクラホマシティ・サンダー)です。ポール・ジョージ、カーメロ・アンソニーとビッグ3を形成していますが、中々ケミストリーが合わなくて苦しんでいますけど、うまくはまった時はウエスタンを荒らせると思います。

—— 自分が参考にしている選手はいますか?

渡邉選手:中々名前を挙げるのは難しいですが、今日の試合のブログドンみたいな選手は大事だと思います。ウエストブルックのような選手はシュート力などは別として、僕らがどうやっても無理なんですよ。参考にならないと言っても過言ではありません。そうなると、マシュー・デラベドーバ(バックス)のプレーを見たほうが、「NBAでもこのようにすれば生き残れるのか」と参考にはなります。

落合選手:ザック・ランドルフ(サクラメント・キングス)ですね。同じサウスポーですし、身体能力も身長もそれほど高くないのに、ゴール下でうまくステップを使って決める力と外から決めるシュート力は凄く勉強になります。もちろん凄いスキルなので簡単に真似することはできませんが、少しでも寄せていこうかなと思っています。チームの汗かき役は好きですね。

—— B.LEAGUEについてお聞かせください。栃木はここまで13勝15敗で波に乗り切れていませんが、今シーズンここまで振り返ってみていかがですか?

渡邉選手:僕はまだ数試合しか出ておらず、ヘッドコーチも変わっていますが、今は皆、プレー時間が偏らずに試合に出ています。継続して自分たちがやり続けるのは言うのは簡単ですが実行するのは難しいので、それをどれだけ徹底できるかが大事だと思います。

落合選手:40分間どのメンバーが出ても同じレベルでやり、やることを明確にしていくことで勝ち星が増えていくと思います。チームは、控えも素晴らしい選手が揃っているので、これから上昇していくチャンスはあります。

落合知也

—— ご自身、またチームの目標を教えてください。

渡邉選手:個人の目標は、徐々にコンディションを戻して、自分らしさを出せるようにすることです。途中で出場することも多いですし、チームが窮地の時に救えるような活躍をしたいです。チームとしては、プレーオフが見えてきそうで見えていないので、まずは勝ち越して東地区のチームに勝っていかないとプレーオフが見えてきません。余計な星を落とさずに、プレーオフを見ずに目の前の一戦を勝ち続けていった結果としてプレーオフが見えてきたという風にしないといけないと思います。

落合選手:いつどんな時でも出場した時は、チームに足りないエナジーをすぐに出せるように準備しておかないといけないと思っています。チームとしては、一戦一戦に集中して取り組んでいきたいです。

—— 2シーズン目を迎えるB.LEAGUEですが、盛り上がりなど昨年と違うと感じることなどありますか?

渡邉選手:昨年もお客さんが入っていましたが、今年は優勝した影響もあり期待感があるのは会場にいて感じます。あとは、落合さんのテレビ出演欲が止まらないので、誰かに止めてほしいですね笑。どうにか顔を売ろうと思っていますから。

落合選手:そうなんですよ。自分を2文字で表すと“強欲”ですね笑。ただやっているだけではダメなので、前に出ることによって、バスケ界に何か還元できるのではないかと考えています。選手全員がそういう意識を持って取り組めば、もっともっと盛り上がっていくと思います。

—— 会場まで見に来てくれるファンの方に自分のどんなところ(プレー)をみてほしいですか?

渡邉選手:スタッツに表れないものですが、試合に出た時に雰囲気を変えるところです。自分が出た時に、システムではなく雰囲気が変わったなと思われるように、存在感を出していきたいです。

落合選手:僕はエリート街道を走っていたわけではなくストリート出身なのですが、そういった選手がトップリーグで活躍できるところを見せたいです。自分より身長が大きい外国人選手であったり、自分よりバスケが上手い選手とマッチアップすることが多いので、そのような選手を倒した時の快感をお客さんと共有したいです。

—— 最後にファンへメッセージをお願いします。

渡邉選手:僕たちの解説で満足してもらえたか分かりませんが、B.LEAGUEの選手が解説に呼ばれることは有難いことですし、知名度の普及につながると思うので、NBAファンの方もバスケ好きとして一緒に盛り上げていただけると僕らもプレーしていて気持ちいいです。どんどん盛り上げていきたいという気持ちにもなるので、一緒に日本のバスケットボール界を盛り上げていきましょう。

落合選手:NBAだけでなく、B.LEAGUEもそうなのですが、僕の場合は3x3も一緒に盛り上げていければ日本のバスケットボールの底上げにもつながると思うので、ぜひ一緒に盛り上げていきたいと思います。

◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆

★「超絶ドラマチック!NBAバスケットボール」
世界のスター選手が集う世界最高峰リーグNBA!WOWOWでは毎週4試合放送!!
「土曜日は企画満載!スーパーサタデーLIVE」と題して注目試合を生中継するほか、好評企画So!スポなどNBAを楽しめるオリジナル企画満載でお届け!

1/18(木)午後1:00~ 「ピストンズvsラプターズ」[WOWOWプライム]
1/19(金)午後0:00~ 「マジックvsキャバリアーズ」[WOWOWプライム]
1/20(土)午前9:45~ 「スーパーサタデーLIVE!ウィザーズvsピストンズ」[WOWOWプライム]
ゲスト:藤本 隆宏

★新番組「超絶NBAダイジェスト!」
NBAの注目試合を超絶プレーと合わせて毎週ダイジェストを毎週月曜日放送!

■3人制バスケットボール「3x3」(スリー・バイ・スリー) 全国で大会開催中!
https://www.facebook.com/3x3OFFICIAL

■リンク栃木ブレックス
https://www.tochigibrex.jp/

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの