浅利陽介流 NBAの見方 「NBAのプレーを真似しています」

  • 2017/10/17

浅利陽介

大学から始めたバスケットボールにハマり、今も週1ペースでバスケットを楽しんでいるという俳優の浅利陽介さん。NBA中継を見て、自分のプレーの参考にするそうです。そんな浅利さんにNBAの魅力を聞いてみました。

―― バスケット歴は何年ですか?

18歳から始めたので12年です。中学までは野球をやっていました。高校を卒業して運動する機会もなくなったので、何かやろうかなと思ったときに、友人にバスケット経験者もいたので始めました。

大学のサークルに入って右も左も分からないまま、試合に出てもとりあえず走るだけでした。ただ、足が速かったので、エンドからボールが出た瞬間にダッシュしてボールを貰うとかやっていました(笑)。

―― 今はどのくらいバスケットをされていますか?

最近は週1回できればいい方ですね。多い時は2~3回やっています。撮影が早く終わる時には、朝からバスケット道具を持って現場に行って、終わったらそのままバスケに行く。そういうコースです(笑)。

―― ポジションはどこですか?

ポイントガードです。身長の小さなマグシー・ボーグス(身長160cm/2001年引退)みたいにディフェンスをがんばる人(笑)。身長が高い人とマッチアップすることが多いので、ディフェンスはしっかりしますね。

ボールは運んだらすぐにパス。フリーになったらシュートを打つ。オフェンスができる選手はいっぱいいるので、それは任せています。できるだけ邪魔にならないところにいて、たまたまフリーになったら外から打つとか。そんな感じです。

―― そうするとシュートより、パスが好きですか?

パスが通ってシュートが決まるとうれしい。あと、スクリーンプレーがきれいに決まった時も、めちゃくちゃうれしい。最近もノールックパスでアシストしましたが、あれはいいパスだった(笑)。

―― NBAの中継は自分のプレーの参考にされますか?

NBAでやっているプレーはバスケットの世界最先端じゃないですか。それをできるだけ真似したい。やはり、ポジションが同じなので、ポイントガードの選手を見ます。アイザイア・トーマス(キャバリアーズ)やちょっと前のスティーブ・ナッシュ(2015年引退)とか、ジェイソン・ウィリアムズ(2011年引退)。そういった選手を見てしまいますね。

カーメロ・アンソニー選手(サンダー)も気になりますね。飄々とコートにいて、すごいプレーで周りが盛り上がっているのに、「普通だから」と言う感じでプレーしているのが、かっこいいなと思ったりします。

浅利陽介

―― 勝敗以上にプレーに注目されているんですね。

僕は一度、WOWOWでNBAの解説の席に座らせていただいたことがあるのですが、その隣が佐々木クリスさん(NBAアナリスト)。本当はそんな風に試合を解説してもらいながら見たい。よく、ボードを使いながらプレーの解説をするじゃないですか、ああいうのを知りたい。

それにこの選手はこういうプレーが得意とか、このヘッドコーチはこういうスタイル、とかを聞くとバスケットをやっている人間としては、それ何?って聞きたくなるじゃないですか。それを今度はコート上で教えてくださいってなります。

―― NBAの新シーズンで楽しみにされているところは?

前半戦は、大型トレードしたチームのビフォー・アフターという部分に注目します。エースを補強しても、単純に戦力アップになるかというと、そうとは限らないので楽しい(笑)。例えば、ロケッツのジェームズ・ハーデンとクリッパーズから移籍してきたクリス・ポールのコラボがどうなるのか、うまくマッチするのかなとか。序盤戦の楽しみですね。

―― 開幕戦がそのロケッツと王者・ウォリアーズです。

まじですか。めちゃくちゃ見たい!ロケッツはパワーアップしましたね。でも、意外とうまくいかないと思うんですよ。むしろ、クリス・ポールが抜けたクリッパーズが楽しみ。

―― イースタンはいかがでしょう?

ニックスが好きなのでがんばってもらいたいですが、優勝争いに絡むチームではないので、ちょっと横に置いて…。セルティックスが強いですね。今年は食い込んでくるんじゃないですか。

―― セルティックスの開幕戦はキャブスです。

この試合は注目ですね。この試合を見ておけば、イースタンの先が見える気がします。僕はセルティックスを応援します。

―― ステフィン・カリーとレブロン・ジェームズ、2人のスーパースターは?

カリーは年々うまくなっている気がします。元々なんでもできる選手ですが、3ポイントシュートだけでなく、メンタル的な部分で強くなったように見えます。リーダーとしての自覚なのか、年齢が1つ増えただけなのか、わかりませんが、より強くなった気がします。

レブロンはコービー・ブライアントみたいに、引退に向けてのカウントダウンが始まっている気がします。それでもジョーダンみたいに、NBA全体を盛り上げてくれる動きをして欲しい。でも、レブロンの次がいない。カリーはまだ弱いかな。カリスマの種類が違う気もします。次のキングとか、神様とかの誕生を見たいですね。

―― 最後にNBAをこれから見始める人にアドバイスを

僕もそこまで詳しくはないですが、あの選手はすごいからとか、旬だからとか、1試合を通じて注目する選手を1人決めて見るのがいいと思います。その選手が気になったら、経歴やバックボーンを掘り下げていったら、NBAをより好きになりますよ。

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの