メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

  • TOP
  • 結果・順位

RESULT

第34節

結果

ホーム スコア アウェー
S・ヒホン 1-1 エスパニョール
グラナダ 0-2 マラガ
A・マドリード 0-1 ビジャレアル
バルセロナ 7-1 オサスナ
バレンシア 2-3 R・ソシエダ
レガネス 3-0 ラス・パルマス
デポルティーボ 2-6 R・マドリード
アラベス 0-0 エイバル
セビージャ 2-1 セルタ
A・ビルバオ 2-1 ベティス

PAGE UP

順位表

順位 クラブ名 勝点 勝敗
1バルセロナ7824勝6分4負
2レアル・マドリード*7824勝6分3負
3アトレティコ・マドリード6820勝8分6負
4セビージャ6820勝8分6負
5ビジャレアル6017勝9分8負
6アスレティック・ビルバオ5918勝5分11負
7レアル・ソシエダ5818勝4分12負
8エイバル5114勝9分11負
9エスパニョール5013勝11分10負
10アラベス4511勝12分11負
11セルタ*4413勝5分15負
12バレンシア4011勝7分16負
13ラス・パルマス3910勝9分15負
14マラガ3910勝9分15負
15ベティス3710勝7分17負
16デポルティーボ317勝10分17負
17レガネス307勝9分18負
18スポルティング・ヒホン245勝9分20負
19グラナダ204勝8分22負
20オサスナ183勝9分22負
  • ※1~4位:チャンピオンズリーグ出場
  • ※5~7位:ヨーロッパリーグ出場
  • ※18位以下の3チームが2部へ降格
  • ※「*」マークのチームは消化試合数の少ない暫定順位

PAGE UP

スーパープレイ動画

coming soon...

得点ランキング

順位 選手名 得点
1 メッシ(バルセロナ) 33
2 ルイス・スアレス(バルセロナ) 23
3 C・ロナウド(R・マドリード) 19
4 イアゴ・アスパス(セルタ) 17
4 グリーズマン(A・マドリード) 16

もっとみる

PAGE UP

レビュー

ミッドウィーク開催のリーガ・エスパニョーラは34節を終了。クラシコで敗戦のレアル・マドリードはアウェーでデポルティーボ・ラ・コルーニャと対戦、6ー2とうっぷんを晴らしている。勢いに乗るバルセロナはホームにオサスナを迎え撃ち、7ー1と大勝。注目の一戦、強豪対決アトレティコ・マドリード対ビジャレアルは、ビジャレアルが1ー0と虎の子の1点を守り勝利、A・マドリードは痛恨の敗戦を喫している。

2位転落も自力優勝の可能性を残すR・マドリード、残留まであと一息のデポルティーボの挑戦を受ける

クラシコで敗戦を喫したR・マドリードはアウェーでデポルティーボ・ラ・コルーニャと対戦。R・マドリードのスタメンには、GKカシージャ、DFダニーロヴァランナチョ・フェルナンデスマルセロ、中盤にはハメス・ロドリゲスコヴァチッチイスコ、前線にはルカス・バスケスモラタアセンシオ。試合は前半開始早々の1分、イスコの縦パスに抜け出したモラタが決め、R・マドリードが先制。快調に攻めるR・マドリードは前半14分、右サイドのL・バスケスからの折り返しにハメスが左足アウトで合わせ、2ー0。デポルティーボも前半35分、右からのクロスにファーサイドのカクタが中へ折り返し、これをアンドネが右足で合わせ、1点を返す。自力で勝るR・マドリードは前半44分、中央左を突破したイスコからマルセロへ、この折り返しにDFが触るもL・バスケスがつめ、3ー1と再び引き離す。後半21分、縦パスに抜け出したモラタが左から折り返し、これをハメスがトラップから左足で流し込み、4ー1。さらに後半32分、L・バスケスからのクロスにイスコが合わせ、5ー1。一矢報いたいデポルティーボは後半39分、アンドネからの右足クロスにホセルが頭で合わせ、1点を返す。容赦ないR・マドリードは後半42分、マリアーノ・ディアスからの折り返しをカゼミーロがトラップから強烈なシュートを決め、6ー2。試合はこのまま、R・マドリードが6ー2と大勝している。

3位争いをリードするA・マドリードにEL出場権争いをリードするビジャレアル、リーガ最少失点を争う堅守同士が激突

注目の一戦、A・マドリードはビセンテ・カルデロンにビジャレアルを迎え撃つ。試合は前半A・マドリードが攻めるもGKアンドレス・フェルナンデスがゴールを割らせない。まずは前半11分、相手の決定機を右手一本の好セーブで阻むと、さらに前半32分、縦パスに抜け出したグリーズマンが強烈なシュートも好セーブ、ガイタンがつめるも、これにも反応、ゴール前に立ちはだかる。さらに後半9分、縦パスに抜け出したガイタンがA・フェルナンデスと1対1となるも、またも好セーブに阻まれゴールならず。すると後半37分、守備陣のコントロールミスを奪い抜け出したバカンブからの折り返しにロベルト・ソリアーノが右足に当ててねじ込み、ビジャレアルが先制に成功。試合はこのまま、ビジャレアルが1点を守り、逃げ切っている。

暫定首位に浮上したバルセロナ、残留に向けて崖っぷちのオサスナを迎え撃つ

クラシコで勝利を挙げ勢いに乗りたいバルセロナはカンプ・ノウに降格圏のオサスナを迎え撃つ。バルセロナのスタメンは3バック、マスチェラーノピケディニュ、中盤にはアンドレ・ゴメスラキティッチセルヒオ・ブスケツデニス・スアレス、前線にはメッシパコ・アルカセルアルダ という布陣で臨む。試合は前半12分、バックパスミスを奪ったメッシが抜け出しGK頭上からゴールへ収め、バルセロナが先制。さらに前半30分、ラキティッチからの高速クロスにA・ゴメスがダイレクトで合わせ、2ー0。オサスナも後半3分、FKから1点を返も、バルセロナは後半13分、左CKからピケがトラップからシュートも右ポスト、跳ね返りをA・ゴメスが流し込み、再びリードを2点差とする。さらに後半16分、メッシがドリブルブルで上がりDF二人の外を巻いて左足で収め、4ー1。その3分後、アルダからの縦パスに抜け出したP・アルカセルが競り勝ち右足で決め、5ー1。さらに後半21分、D・スアレスがエリア内で倒され、PK獲得。これをマスチェラーノが決め、バルセロナ初ゴールを飾り、6ー1。後半41分、D・スアレスからの縦パスにP・アルカセルが抜け出しGKを抜いて、7ー1。試合はこのまま、7ー1とバルセロナが大勝している。

EL出場権争いで一歩後退したエイバル、リーグ戦でのモチベーション維持が難しいアラベスとの自治州ダービー

ともにバスク地方の対戦となったアラベス対エイバルの一戦。注目の乾貴士はスタメン出場。試合は前半26分、エリアを出たGKリエスゴがハンドでレッドカード、一発退場となる。これにより、エイバルはアドリアン・ゴンサレスに代えてGKヨエルを投入。このFKをイバイが狙うもバーに阻まれ、惜しくもゴールならず。試合はこのまま、スコアレスドローと一人少ないエイバルがアラベスの攻撃をしのいでいる。

続きを読む

PAGE UP