<新 世界のトップ・ボクサー>
在位7年半 19度の防衛を果たしている豪腕
ミドル級3団体統一王者 ゲンナディ・ゴロフキン(カザフスタン)

  • 2018/03/08

写真:©NAOKI FUKUDA

 160ポンド(約72.5キロ)を体重リミットとするミドル級は欧米を中心に選手層の厚い階級として知られる。そんななかで7年半も世界王座に君臨し続け、19度の防衛を果たしているのがゲンナディ・ゲンナビッチ・ゴロフキン(35=カザフスタン)だ。親しみと敬意を込め、頭文字をとって「GGG(トリプル・ジー)」と呼ばれることが多い。ゴロフキンは38戦37勝(33KO)1分の戦績が示すとおりリング内では超がつくほどの強打者だが、一方で戦ったボクサーからも尊敬を集めるほどの人格者でもある。  ミドル級のWBAスーパー王座、WBC王座、IBF王座を持つゴロフキンは5月5日(日本時間6日)、アメリカのラスベガスで20度目の防衛戦を行う。昨年9月に引き分けた宿敵、サウル・カネロ・アルバレス(27=メキシコ)との再戦である。初戦は「ゴロフキンが勝っていた」という声が多かったが、リマッチではどんな戦いをみせるのだろうか。今回は大一番を2ヵ月後に控えているGGGことゴロフキンの足跡を紹介しよう。

©2004 MIND GAME Project

史上7人目の「V20戦士」になるか

 ゴロフキンは2010年8月に決定戦を制してWBAのミドル級暫定王座を獲得した。それから正王者に昇格し、以後は無人の野を行くかのように挑戦者たちを蹴散らしてきた。すでに在位は8年に近いところまできている。同じミドル級のWBAレギュラー王者、村田諒太(帝拳)がロンドン五輪で金メダルを獲得したのが12年で、プロデビューしたのが翌13年。その4年後の17年に現王座を獲得したが、7年半とはこうした出来事がすっぽり入ってしまう年月なのだ。
 19度防衛の内容に関しては文句のつけようがない。まず試合地は出身地のカザフスタンのほかパナマ、ドイツ、ウクライナ、アメリカ、モナコ、イギリスと幅広い地域におよぶ。相手の国籍もコロンビア、ウガンダ、日本、アメリカ、ポーランド、オーストラリア、メキシコ、イギリス、カナダと様々だ。さらに打撃戦を好むファイター、距離をとって戦うことを得意とするアウトボクサーなど、どのタイプにも対応してきた。年間2試合~4試合、比較的コンスタントにリングに上がってきたことからも分かるように、大きなケガと縁遠いのもゴロフキンの特徴といえる。
 なんといっても光るのは、17連続KO防衛を果たしたことだ。これは77年~83年にかけてWBCスーパー・バンタム級王者だったウィルフレド・ゴメス(プエルトリコ)が樹立した世界記録に並ぶものだ。ゴロフキンの場合は選手層の厚いミドル級で成し遂げた点でさらに高く評価できる。

写真:©NAOKI FUKUDA

※ゴロフキン V19の軌跡

相手・国籍 結果 試合地
ミルトン・ヌニェス(コロンビア) ○1回KO パナマ
<WBA暫定世界ミドル級タイトル獲得 ※初防衛戦を前に正王者に昇格>
(1)ニルソン・タピア(コロンビア) ○3回KO カザフスタン
(2)カシム・ウーマ(ウガンダ/米) ○10回TKO パナマ
(3)ラファン・サイモン(米) ○1回KO ドイツ
(4)淵上誠(八王子中屋) ○3回TKO ウクライナ
(5)グレゴルツ・プロクサ(ポーランド/英) ○5回TKO アメリカ
(6)ガブリエル・ロサド(米) ○7回TKO アメリカ
(7)石田順裕(グリーンツダ) ○3回KO モナコ
(8)マシュー・マックリン(英) ○3回KO アメリカ
(9)カーティス・スティーブンス(米) ○8回終了TKO アメリカ
(10)オスマヌ・アダマ(ガーナ/米) ○7回TKO モナコ
(11)ダニエル・ギール(オーストラリア) 〇3回TKO アメリカ
(12)マルコ・アントニオ・ルビオ(メキシコ) 〇2回KO アメリカ
<WBC暫定世界ミドル級王座獲得 のちに正王者に昇格>
(13)マーティン・マレー(英) 〇11回TKO モナコ
(14)ウィリー・モンロー・ジュニア(米) 〇6回TKO アメリカ
(15)デビッド・レミュー(カナダ) 〇8回TKO アメリカ
<IBF世界ミドル級王座獲得>
(16)ドミニク・ウェイド(米) ○2回KO アメリカ
(17)ケル・ブルック(英) 〇5回TKO イギリス
(18)ダニエル・ジェイコブス(米) 〇12回判定 アメリカ
(19)サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ) △12回引き分け アメリカ

 現時点での連続19度防衛は史上7位タイ記録でもある。5月5日のアルバレス戦で勝利を収めればボクシング史上7人目の「V20戦士」となり、ミドル級ではバーナード・ホプキンス(アメリカ)に並ぶことになる。

※世界王座 連続防衛記録
(1)25回=ジョー・ルイス(米) ヘビー級
(2)23回=ダリウス・ミハエルゾウスキー(ポーランド/独) クルーザー級
(3)22回=リカルド・ロペス(メキシコ) ミニマム級
(4)21回=スフェン・オットケ(独) クルーザー級
   21回=ジョー・カルザゲ(英) S・ミドル級
(6)20回=バーナード・ホプキンス(米) ミドル級

リングの中では獰猛 リングを下りれば紳士

 ゴロフキンは1982年4月8日、中央アジアのカザフスタン共和国カラガンダで生まれた。のちのスーパースターが誕生したころはカザフスタンはソビエト連邦の構成地域だったが、91年に国家として独立している。
 アマチュア選手としてボクシングの試合に出場するようになったゴロフキンは、数々の国際大会で輝かしい実績を残した。18歳で出場した世界ジュニア選手権で優勝した翌01年には来日し、大阪で開催された東アジア大会ウェルター級で金メダルを獲得した。このとき決勝で戦ったダニエル・ギール(オーストラリア)とは、13年後にプロのリングで再び拳を交え、ゴロフキンが3回TKO勝ちを収めている。
 以後、韓国の釜山で開かれた02年アジア大会では金メダルを獲得し、翌03年にタイの首都バンコクで開催された世界選手権でも一番高い表彰台に上った。このときは1回戦でマット・コロボフ(ロシア)にポイント勝ち、2回戦でアンディ・リー(アイルランド)にポイント勝ち、3回戦ではルシアン・ビュテ(ルーマニア)に4回KO勝ちを収めている。このうちリーとビュテはプロでも世界王者になり、コロボフも世界戦を経験している。04年アテネ五輪では銀メダルに甘んじたが、準決勝ではアメリカ代表のアンドレ・ディレル(のちのIBF暫定世界S・ミドル級王者)に勝っている。
 トータルのアマチュア戦績は350戦345勝5敗と伝えられる。ただし、国際試合だけでも8敗が確認されており、そのレコードの信憑性には疑問符がつく。しかし、ゴロフキンによると、アマチュア、プロを通じて一度もダウンの経験はないというから、強打だけでなく耐久力も群を抜くものがあると思われる。

 ゴロフキンは06年5月にプロに転向したが、当時はドイツのウニベルスム・ボックス・プロモーション(UBP)と契約を交わしていた。一時はビタリ&ウラディミールのクリチコ兄弟も所属していたUBPだが、その後、経営危機に陥った。それを機にゴロフキンはクリチコ兄弟が興したK2プロモーショーンズに移籍。そこでマネージング・ディレクターを務めていたトム・ローフラー氏とコンビを組むことになった。また、前後してアベル・サンチェス・トレーナーに師事することになり、同氏のもとでより攻撃的でスキルに富んだボクシングを身に着けたといわれる。
 38戦37勝(33KO)1分の戦績が示すとおりゴロフキンは無類のハードパンチャーで、KO率は86パーセントを超す。かつてスパーリングで手合わせした経験を持つ村田諒太(帝拳)は「左ジャブと左フックの硬さ、重さは異質のものだった。グローブで殴られているのではなく、硬くて重いものがドーンと飛んでくる感じ」と、いまはライバルの位置にいるゴロフキンのパンチについて説明している。

 試合となれば獰猛なパンチを振るうゴロフキンだが、リングを下りれば温厚な紳士としても知られている。V4戦で3回TKO負けを喫した淵上誠(八王子中屋)は、「試合翌日、ホテルのロビーにいたらゴロフキンが声をかけてきて、コーヒーをご馳走してくれた。試合前も試合後の振る舞いも常に紳士的で、人格者だと感じた。ずっと勝ち続けていってほしい」と話している。
 そのゴロフキンも4月8日に36歳の誕生日を迎える。直近の2戦は小差の12回判定勝ち、12回引き分けと苦しい内容が続いている。少しずつ黄昏が忍び寄っている印象があるのは事実だ。村田の言葉を借りるならば「魔法が解けた」ということになろうか。そんななか若くて危険なアルバレスと再び拳を交えることになる。豪腕は健在なのか、それとも錆が浮いてきているのか。5月5日のリングでその答えが分かるはずだ。

Written by ボクシングライター原功

★エキサイトマッチ~世界プロボクシング
王座と高額賞金を懸けた英国人対決!
【放送日】3月12日(月)夜9:00~WOWOWライブ

WBA世界S・ミドル級タイトルマッチ
ジョージ・グローブス(イギリス)/WBA世界S・ミドル級チャンピオン
 vs クリス・ユーバンク・ジュニア(イギリス)/元WBA暫定世界ミドル級チャンピオン

IBF世界ウェルター級タイトルマッチ
エロール・スペンス(アメリカ)/IBF世界ウェルター級チャンピオン
 vs レイモント・ピーターソン(アメリカ)/元2階級制覇王者

★生中継!エキサイトマッチ ジョシュアvsパーカー ヘビー級3団体統一戦
最重量ヘビー級3団体の王座を懸けたビッグマッチ。20戦全勝20KOのアンソニー・ジョシュアと24戦全勝18KOのジョセフ・パーカーが英国の巨大スタジアムで激突。 【放送日】4月1日(日)午前5:30~WOWOWプライム※生中継

世界ヘビー級3団体王座統一戦
アンソニー・ジョシュア(イギリス)/WBA・IBF世界ヘビー級チャンピオン
 vs ジョセフ・パーカー(ニュージーランド)/WBO世界ヘビー級チャンピオン

もっと見る

閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの