メニューを開く

番組表

ご加入はこちら

スーパー・フェザー級ウォーズ勃発
7/16 ベルチェルト対三浦 コラレス対カステジャノス 2017.07.07

 130ポンド(約58.9キロ)を体重リミットとするスーパー・フェザー級のダブル世界戦が7月15日(日本時間16日)、アメリカのカリフォルニア州イングルウッドのフォーラムで行われる。WBCタイトルマッチでは2代前の王者、三浦隆司(33=帝拳)が現王者のミゲール・ベルチェルト(25=メキシコ)に挑戦。サウスポーの三浦が「ボンバーレフト」を炸裂させて王座を取り戻すかどうか注目される。一方、WBAタイトルマッチでは、内山高志(37=ワタナベ)からスーパー王座を奪ったジェスレル・コラレス(25=パナマ)がロビンソン・カステジャノス(35=メキシコ)の挑戦を受ける。この階級には高い評価を受けているWBO王者、ワシル・ロマチェンコ(29=ウクライナ)がおり、その天才サウスポーとの統一戦を含め、誰が次のステージに駒を進めるのか。そういった視点からも興味深いダブル世界戦だ。



「サソリ」の毒針か、三浦の「ボンバーレフト」か

 ベルチェルト対三浦は、打撃戦とKO決着が約束されたカードといっていいだろう。ベルチェルトは今年1月、フランシスコ・バルガス(32=メキシコ)に挑戦し、11回KOで激闘を制して王座を獲得した強打者で、32戦31勝(28KO)1敗という高いKO率(約88パーセント)を誇る。左右のパンチには一撃で相手を沈めるパワーもあるが、バルガス戦では回転の速い連打が光った。「アラクラン(サソリ)」というニックネームどおり、じわじわと痛めつけて終盤で仕留めたという印象だった。中長距離での戦いを得意としているが、接近戦でもアッパーを突き上げるなど攻撃力は高い。
 これに対しサウスポーの三浦は距離を潰して接近、中近距離で思い切りのいい左ストレート、右フックを叩きつけるファイター型だ。
13年4月に王座につき、メキシコでの試合を含めて4度の防衛を果たしたが、15年11月にアメリカのラスベガスでバルガスに9回TKOで敗れ王座を失った。王者はバルガスからベルチェルトに変わったが、今回の試合で勝てばベルトを取り戻せるだけにモチベーションは高いものがある。36戦31勝(24KO)3敗2分とKO率(約67パーセント)ではベルチェルトに及ばないが、「パンチ力は自分の方がある」と絶対の自信を持っている。特に三浦の代名詞ともなっている「ボンバーレフト」は強烈で、しばしば戦慄的なKOを生んできた。
 ともに攻撃型の強打者だけに、序盤からスリリングなパンチの交換が見られそうだ。ベルチェルトの毒針がグサリと刺さるのか、それとも三浦の「ボンバーレフト」が爆発するのか。どちらが勝つにしても中盤あたりには大きな山が訪れそうな気がする。



内山に連勝のコラレスが曲者相手にV2戦

 WBAタイトルマッチにも注目したい。昨年4月に2回KOで内山のV12を阻止してスーパー王者になったコラレスは、12月に内山を返り討ちにして初防衛に成功しており、これが2度目の防衛戦となる。単に内山との相性が良かっただけなのか、それとも実力で勝ち取ったものなのか、真価が問われる試合といえる。今年に入って大手のゴールデンボーイ・プロモーションズと契約を交わし、これがアメリカでの大事なデビュー戦でもある。コラレスは左右どちらの構えでも戦える器用な選手で、戦績は23戦21勝(8KO)1敗1無効試合だが、35パーセントというKO率以上にパンチ力はある。
 挑戦者のカステジャノスは36戦24勝(14KO)12敗という戦績の持ち主で、世界ランカーとしては勝率(約67パーセント)もKO率(約39パーセント)もパッとしないが、なかなかの曲者として知られる。全勝のホープを食ったこともあれば元世界王者や世界ランカーを破ったこともある。つい2ヵ月前には、コラレスへの挑戦が内定していた元世界3階級制覇王者のユリオルキス・ガンボア(35=キューバ)に番狂わせの7回終了TKO勝ちを収め、今回の挑戦権を奪い取った。細身だがパンチは鋭く、強豪を相手に最近の16戦では14勝(9KO)2敗という戦績を残している。侮れない相手といえる。
 10歳若く、スピードもパンチ力もあるコラレスが有利ではあるが、色気を出して力むようだと番狂わせの可能性も出てきそうだ。
 スーパー・フェザー級で最強との評価を受けているロマチェンコは、8月にWBO王座の3度目の防衛戦を予定している。その先のプランとして統一戦も選択肢として挙がっており、WBC王者やWBA王者が対戦候補としてクローズアップされるはずだ。18戦全勝(17KO)のIBF王者、ジャーボンテイ・デービス(22=アメリカ)も割り込んでくる可能性がある。勃発したスーパー・フェザー級ウォーズ。その幕開けを告げるWBC、WBAダブル世界戦に要注目だ。



Written by ボクシングライター原功



◆◆◆WOWOW番組情報◆◆◆

★「生中継!エキサイトマッチ 三浦隆司 世界王座再挑戦」
“ボンバーレフト”三浦隆司王座再挑戦!
【放送日】 7月16日(日)午前11:00〜[WOWOWライブ]※生中継
ゲスト:村田諒太(帝拳)

WBC世界S・フェザー級タイトルマッチ
ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)/WBC世界S・フェザー級チャンピオンvs三浦隆司(日本/帝拳)/元WBC世界S・フェザー級チャンピオン
放送情報はこちら>

★エキサイトマッチ〜世界プロボクシング
【放送日】7月24日(月)よる9:00〜[WOWOWライブ]
ゲスト:村田諒太(帝拳)

WBC世界フェザー級タイトルマッチ
ゲイリー・ラッセル(アメリカ)/WBC世界フェザー級チャンピオンvsオスカル・エスカンドン(コロンビア)/元2階級制覇王者
放送情報はこちら>

★エキサイトマッチ〜世界プロボクシング
【放送日】7月31日(月)よる9:00〜[WOWOWライブ]

WBO暫定世界バンタム級タイトルマッチ
ゾラニ・テテ(南アフリカ)/元IBF世界S・フライ級チャンピオンvsアーサー・ビラヌエバ(フィリピン)/IBF世界ウェルター級1位
放送情報はこちら>





(写真左より)ミゲール・ベルチェルト、三浦隆司
Getty Images

新着記事

バックナンバー
2017を開く▼

バックナンバー
2016を開く▼

バックナンバー
2015を開く▼

2010〜2015年まで

RING JAPAN
日本ボクシングコミッション
TEIKEN.com
NAOPIX Fight Gallery by Naoki Fukuda
マイ番組登録をしよう!
ご加入はこちら
マイ番組登録をしよう!