{"prg_cd":"107823"}
{"prg_cd":"109880"}
{"prg_cd":"107783"}
{"prg_cd":"110288"}
{"prg_cd":"110398"}
{"prg_cd":"107844"}
{"prg_cd":"106775"}
{"prg_cd":"108295"}
{"prg_cd":"109614"}
{"prg_cd":"105853"}
{"prg_cd":"109809"}
{"prg_cd":"012065"}
{"prg_cd":"105501"}
{"prg_cd":"110208"}
{"prg_cd":"108616"}
{"prg_cd":"106361"}
{"prg_cd":"108294"}
{"prg_cd":"002780"}
{"prg_cd":"109644"}
{"prg_cd":"107660"}
{"prg_cd":"108615"}
{"prg_cd":"107212"}
{"prg_cd":"105991"}
{"prg_cd":"110184"}
{"prg_cd":"110081"}

ステージ
劇団朱雀 解散公演 「FINAL」 早乙女太一

劇団朱雀 解散公演 「FINAL」 早乙女太一

早乙女太一が2代目を務める大衆演劇「劇団朱雀」の解散公演。若き天才女形と評された早乙女太一が、妖艶な女形で優雅な舞いを披露した。劇団の有終の美。

2015年2月に開催された「劇団朱雀」の解散公演の模様をお届けする。
公演は3部構成で、第1部と第3部は舞踏ショー、第2部が芝居。第2部は、ゲストに201
続きを読む

※初回放送時の情報を掲載しております。

My番組登録者数
  • 0

早乙女太一が2代目を務める大衆演劇「劇団朱雀」の解散公演。若き天才女形と評された早乙女太一が、妖艶な女形で優雅な舞いを披露した。劇団の有終の美。

劇団朱雀は、“百年にひとりの女形”と称される花形役者、早乙女太一が所属した大衆演劇の劇団。太一の父で座長の葵陽之介が立ち上げ、2003年6月に岐阜で初舞台。その後映画やテレビドラマなどに活躍の場を広げた太一のさらなる飛躍のため、解散という苦渋の決断を下した劇団朱雀。最後の公演も舞台上と客席が終始一体感を保ったまま終幕に向かって突き進むという、大衆演劇の王道を歩き続けた劇団らしい舞台となった。
【第1部 舞踏ショー】「歌麿−UTAMARO−」に合わせて、妖艶ながらやがて激しさを増す劇団朱雀二代目早乙女太一の演舞で幕を開ける。
【第2部 芝居「川北長次」】町で一家を仕切る親分川北長次(早乙女太一)は、貧窮にあえぎ盗みを働いた物乞いの老人にも情をかける義侠心の持ち主。そんな長次のことを良く思わない悪党の親分(葵陽之介)は長次を亡き者にしようとする。招かれたのは人斬りの松五郎(山崎銀之丞)。長次の家を訪ねた松五郎は、応対した長次の子分長吉(成田僚)に対し、長次を裏山まで来させるよう言って去る。だが、長次が死んでほしくない長吉は同じ子分の政吉(早乙女友貴)と相談の上、長次に黙って身代わりに。ほどなく、長吉が斬られたという知らせが長次のもとに入る…。
【第3部 舞踏ショー】再び舞踏ショーに戻り、踊りあり、殺陣ありの華麗なステージを展開。劇団の主要メンバー総出演の終幕を迎える。

出演

  • 早乙女太一(劇団朱雀)
  • 葵陽之介(劇団朱雀)
  • 鈴花奈々(劇団朱雀)
  • 早乙女友貴(劇団朱雀)
  • 鈴花あゆみ(劇団朱雀)
  • 成田僚(劇団朱雀)
  • 岩崎祐也(劇団朱雀)
  • 峰拓也(劇団朱雀)
  • 重咲なお(劇団朱雀)
  • 富岡晃一郎
  • 久保田創
  • 高野愛
  • 涼瀬みうと
  • 高畠麻奈
  • 山崎銀之丞

収録日・場所

  • 2015年2月25日/東京 かめありリリオホール
並び替え
絞り込み
  • 現在、放送予定はありません。

  • e割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちらe割 ネット加入ならお得!24時間受付中! ご加入はこちら
閉じる

My番組登録とは?

My番組登録で見逃し防止!

見たい番組、気になる番組をあらかじめ登録。
放送時間前のリマインドメールで番組をうっかり見逃すことがありません。

利用するには?

WEB会員IDをご登録のうえ、ログインしてご利用ください。

WEB会員IDをお持ちでない方
WEB会員IDを登録する
WEB会員IDをお持ちの方
ログインする
閉じる

番組で使用されているアイコンについて

初回初回放送
新番組
最終回
生放送
5.15.1chサラウンド放送
二カ国語版二カ国語版放送
吹替版吹替版放送
字幕版字幕版放送
字幕放送
無料ノンスクランブル(無料放送)
PG-12指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、PG-12指定(12歳未満は保護者同伴が望ましい)されたもの
PG12指定劇場公開時、PG12指定(小学生以下は助言・指導が必要)されたもの
R-15指定2009年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R-15指定(15歳未満鑑賞不可)されたもの
R-15指定相当R-15指定に相当する場面があると思われるもの
R15+指定劇場公開時、R15+指定(15歳以上鑑賞可)されたもの
R15+指定相当R15+指定に相当する場面があると思われるもの
R指定1998年4月以前に映倫審査を受けた作品で、R指定(一般映画制限付き)とされたもの